広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

プロフィール

修行時代から独立へ

私の人となりが分るように、生い立ちから書かせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川岡寛之 1968年11月13日生まれ

当時は先進技術だった内装屋の長男として産声を上げました。

父は”昭和のガンコ職人”で口数も少なく、不器用ながらも一生懸命働いていました。

そんな父を支える母は、朝から晩まで働きながら家事・育児・父の事務仕事を全て一人でこなしていました。

当然お家は留守がちなので、私はいわゆる鍵っ子でした。

その事が影響してか、当時の私は同級生に比べて自我が目覚めるのも早かったように思います。

そうして10代の後半に差し掛かったころにはすっかり我が強くなっていた私。

一時期少しだけ道を踏み外しました。

今思えば親不孝以外のなにものでもないと思うのですが

感情を上手に表現出来なかった少年は世間に反抗するという形でなければ気持ちを表現できなかったのです。

その後は建築系の高校に入学。

もともと「人と同じは嫌だ」という気持ちが強かった私は独立して内装屋をしている父の背中を見ながら

「俺も独立して自分の思うように生きていくぞ」と思うようになっていました。

~かくして私が塗装世界に入ったのは18歳。

広島の大手企業やゼネコンの下請けをしていた塗装会社に入社しました。

その会社は広島市を拠点に戸建住宅の外壁塗装や内部塗装、ビルの塗装、マンションの塗装、

店舗、橋梁などの塗装工事の全てを手がけている会社でした。


昔堅気の親方(社長)は口調もキツく、仕事内容もハードだったので大変で、

逃げ出そうかと思った事も何度かあったのですが、
人情味溢れる親方を慕っていた私は

あれこれ葛藤しながらもついて行きました。

当時の見習い職人は、今の時代と違ってなかなか刷毛を持たせてもらえず、

「いつまで続くのか」と思うほどの丁稚奉公な日々が続いてました。

しかし、今思えばその下積み(基本)こそが大切だったと思います。

こうして数年間が過ぎた頃、お家一棟丸ごとから高層マンションなどの現場を任される立場にまで成長していました。

段取りに打ち合わせ、職人をまとめて完工していく事が楽しくてたまりませんでした。

しかしそんな日々もつかの間、転機が訪れたのです。

バブルの崩壊後の影響です。

当時、がむしゃらに職人していた私にはバブル崩壊という言葉が一体何なのかすら知りませんでしたが、

その言葉の意味が形となって現れてきた時にその意味を自覚したのを覚えています。

現場以外では笑顔が多かった親方なのに、気がつくと眉間にシワを寄せることが多くなっていました。

赤字同然の仕事を請け続けるうちに経営がますます厳しくなっていきましたが、親方は必死に頑張ってしがみついていました。

というか、家族や社員を背負っている親方はしがみつく以外に方法はありませんでした。

「まぁ頑張っていればなんとかなるもんじゃ!」そう言っていつも私たちを励ましてくれていました。

しかし現実は厳しく、親方はやがてがっくりと肩を落としてしまいました。

いつも「ガハハ」と笑っていた親方はいつの間にか笑うことも無くなり、ストレスで痩せ細り

最後には「すまんのぉ・・・」と私たちに頭を下げるようになってしまいました。

悔しがり自分を責める親方の顔が今も脳裏に焼きついています。

こうして私は複雑な気持ちを抱えて塗装業界に独立するという一歩を踏み出したのです。

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.