広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

未分類

見積りを依頼する前に考える事

「さぁ、塗り替えをするか!」という段階になったら、
次は業者を決めなければいけません。
大切なのは見積もりの取り方や見比べ方になります。


相見積もりは取った方がいいの?

最近の一般論としては、見積もりは最低3社とった方がいいと言われています。
ただ、そのとき【金額】を比較しないでください。
高くても低質な業者、安くても優良な業者がいるからです。
相見積を取る事の本当の意味は、その業者の質を確かめるためです。
今話題の低質業者に当たらないために、十分吟味下さい。

低質業者ってなに?

悪徳業者の様に高価格や、威圧的な態度で契約を迫ってくる業者の事ではありません。
素敵な笑顔のブローカーや、安い金額での契約を急ぐ業者の事です。
特に最近は低価格業者が増えてきました。
そしてその被害もチラホラ耳にするようになりました。
職人のマナー教育が出来ていない業者や、お客様と職人の関係が上手く出来ずにトラブルになっている業者を
沢山見てきました。

見積り調査の段階で業者を比較する事は出来ますか?

出来ます。
お客様のお家の調査測量の滞在時間で、その業者の真剣さが計れます。
低質業者の場合は専門知識がないので塗料品質の説明や美観的な話ばかりで掘り下げた話を避けようとする
傾向にありますし、外壁の診断方法や不具合の予兆を見抜く眼力を持っていないのですぐに終わるでしょう。
20~30分で帰ってしまう業者は低質業者の恐れありです。
10分程度で「おわりました」という業者は間違いありません。
本気でお家の診断をして、既存壁に合った塗料をプランするなら1~2時間程度はかかってしまうものです。

見積り書はどうやって見比べたらいいの?

公共工事であれば数字だけの見積書で十分なのですが、お客様のほとんどの方は塗装について何も分かっておられないのでそうはいきません。
リプルクリエイトでは何も知らないお客様の為に、「はいはいなるほど」という風に直感で分かるような書類を作成します。
その条件がこちらになります。

① 誰が見ても理解出来るものであること。
② 工事の内容や、どんな塗料を使うのか明記されている事。
③ 塗装面積が明確になっている事。
④ 計測が出来る物に関しては「一式」表示されていない事。
⑤ プランの組み換えが自由に出来るように作ってある事。

よく、「同じ塗装工事なら安い方がいいに決まっている」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、同じ工事であるはずはありません。
担当者があなたの元へ見積書を持って訪れた時、分からない事を徹底的に尋ねてみて下さい。
そうすれば、雰囲気でいろいろ感じる事が出来ます。

契約書はあるものですか?

業者との契約書は絶対に必要です。
契約書のない業者は工事以前の問題になります。
もしも契約書を交わさずに工事をお願いして、あとから何十万円も追加が来たらどうしますか?
そして、契約書は適当なものではいけません。
双方で署名捺印をした契約書を交わして、約款の確認と印鑑の押し場所も見直しましょう。

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.