広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

笑顔の塗り替え講座

ウッドデッキの塗装が原因で起きる火災

ここ数年はDIYブームということもあり、ウッドデッキを自作したり塗装される方が多いのですが、
ここで注意していただきたいことがございます。
それはウッドデッキの塗装が原因で発生する火災のことです。
火災と言うと少し大げさな表現になるのですが、実際そうなる可能性があるのでウッドデッキをご自身で塗ろうと思われている方はよく覚えておいてください。

ホームセンターに行ってウッドデッキ用の塗料がないかと店員さんに尋ねたら、恐らく木材保護塗料をお勧めされるはずです。
わりと有名な塗料がキシラデコールという製品なのですが、塗料コーナーで見かけたことがある方も多いかもしれません。
キシラデコール
その他にもオスモやバトンという塗料、マニアックなものになるとシッケンズやプラネットカラーなど沢山の木材保護塗料が販売されているのですが、
これらの塗料の多くは自然発火する可能性があるのです。
具体的に申しますと、塗装するときに使用したウエスやスポンジが危険なのです。
※塗料そのものから発火することは無い。

ウッドデッキや室内の床に“木材保護塗料と言われる塗料”を塗布した時に使用したウエス(布)やスポンジをまとめて放置することはしないでください。

木材保護塗料が染み込んだ布やスポンジをビニール袋に入れて庭の隅に置いておいたりすると発火する可能性があります。
特に暖かい時期。

これは実際に私が発火現象を目の当たりにしていることによるものなので間違いはありません。
「火もないのに火事になるわけないだろ~」なんて思っていると大間違いです。

出来れば水を張ったバケツの中に入れておいてください。

処分方法は焼却がベストなのですが、それが不可能な場合はバケツなどに水を入れてそこに漬けておいて、可燃ごみとして出してください。

水性の木材保護塗料を使用すると良いのですが、水性塗料を用いてメンテナンスをされていたウッドデッキを途中から塗装業者に依頼する可能性がある場合は、業者に嫌がられる可能性もあるのでそのあたりのリスクがあるということも頭に入れておくと良いかもしれません。

まとめ:
油性の木材保護塗料に使った布やスポンジを放置しておくと自然に火が付く可能性があるので必ず水に漬け置くこと。

外壁塗装で失敗しない業者の見分け方

失敗しない塗装工事。
業者選びで失敗しないための講座ムービーを作成しました。
何も分からない方が塗装業者の善し悪しの判断をする際に重要となる参考ムービーです。

光触媒塗装について

「光触媒の塗装って汚れも落ちるから良いと聞いたんですがどう思われますか?」

お客様からこのようなご質問を頂いたのでこれについて記述したいと思います。

光触媒塗装というのは外壁に付着した汚れを紫外線を紫外線で浮き上がらせておいて、降雨時に雨水が浮いた汚れを洗い流してくれるという塗料です。

この塗料が世に出てきた時、私は素晴らしい塗料が出来たと思いましたが同時に疑問も持ちました。

「壁に紫外線が当たることで汚れを洗い流すというのなら光と雨が当たらないとダメではないのか」
「軒がある家や隣家との距離が近いお家では効果が期待できないのではないか」

答えはやはりその通りということになりました。

その他には工事に携わる職人の塗り方が適切ではなかったためにしばらくしてムラが出来てしまい、クレームになってしまった物件やムラを放置されている物件もいくつか見てきました。

このような経緯から私自身はその経過を見ていたのですが光触媒塗料のパイオニア的存在の会社が塗料の製造販売を中止したりということもあったため、弊社では光触媒塗料の使用(お勧め)を今日まで控えてまいりました。

中には光触媒塗料の進化系で“無光触媒”というのもございますが、私自信があまり興味がない為に詳しく調べることもしておりません。

ということで、これからご自宅やアパートマンションなどに光触媒の塗装を考えられている方はその前に以下の確認を行ってみてください。

① 日中に何度か屋外に出て自宅に対して太陽光がどのように当たってるかを調査。
② 雨が降っている日に屋外に出て自宅の壁に雨が当たっているかどうかを確認。

この2つの調査を行った際にどちらかが欠けている場合は光触媒塗料を塗っても意味がなくなるかもしれませんのでそのあたりを施工業者に尋ねられると良いかと存じます。

以上、光触媒塗料に対しての私の見解でございます。

ただし!

室内に塗る抗ウイルス消臭型で蛍光灯の光にも反応する“室内型の光触媒塗料”に関しては素晴らしい塗料がございますのでこちらはオススメすることがあるかと存じます。

※この記事はご質問者様の許可を得て掲載しております。

塗料の希釈について

DIYがお好きなお客様から塗装方法についてご質問いただきましたのでこれについて少しお話させていただきます。
内容は以下になります。
“購入した塗料を標準希釈率を守って塗ると塗りにくい上に仕上がりが汚くなるんだけどどうすれば奇麗に塗れますか?”

じつはこのご質問を家具や野外用の椅子などを塗るのが好きな方からよくいただきます。

そのような場合は塗料の缶に明記されている標準希釈率を少しだけ超える希釈をして塗ってみてください。
どのくらいまで薄めていいのかを言葉で説明するが難しいのですが、標準希釈率を越えて薄める場合は少しずつ希釈しながら刷毛で塗ってみて
「あっ!少し塗りやすくなった!」と感じるところでストップしてください。
塗膜が薄くなると感じるようであれば塗り回数を増やしてください。
これは標準塗布量を守るためです。

※因みに手抜き工事というのは標準希釈率を大きく超えているにも関わらず2回塗りで済ませて塗装面積を増やす工法のことを言います。

というわけで標準希釈率はあくまでも標準であるとお考えください。

ただし!
冬季は塗料がかなり固くなるので希釈するときに注意が必要です。
真冬に一晩野外に出しておいた塗料を塗ろうとしたら凄く硬くてうまく塗れなくなることがあるのですが素人はここでドバッと薄めて失敗するのです。

もし冬季に野外でDIY塗装する場合は塗料缶を温かいお部屋の中に一日置いてから野外に持ち出してください。
うまくいけば標準希釈率以下で塗ることができるかもしれません。

次に、“希釈オーバーっていうけどどのくらいまで薄めて良いのか”について記述しておきます。

例えば希釈率が15%の塗料があるとします。
それが濃過ぎて(硬くて)塗りにくくて参っちゃった場合は、、、16%~17%くらいまで薄めてみてください。
これは許容範囲内なので恐れなくても大丈夫です。

気をつけるのは水性塗料の薄めすぎです。
水性塗料の場合は薄めすぎると樹脂と顔料がうまく結合できすに分離することが多いのです。
※ちなみに自分が楽に塗りたいがために塗料を樹脂と顔料がうまく結合できないレベルまで薄めて塗る職人のことを手抜き職人と呼び、数年後に剥離を起こしたり色あせを起こしたりします。

希釈液が塗料用シンナーの塗料はまぁ大丈夫です。
ラッカー系の場合は少々薄めても大丈夫です。

これは私が実際に数十年の経験から身につけてきた職人論理なのでウソではありません。
少し希釈オーバーまで薄めた場合でもそうでない場合でもきちんと標準塗布量を守ればいいのです。
ただ、不安な場合はやめてください。

 

塗料の希釈についてのお話でした。

コーキング(シーリング)は塗装職人がやるのが普通?

「コーキングのやり替えは専門の方が行うのですか?」

先日ご商談の際にこのようなご質問を頂いたので以下にお答えいたします。
※あくまでも弊社の施工理論なので聞き流す程度にとどめておいてください。

外壁塗装とコーキング(外壁パネルの継ぎ目にあるゴムみたいなの)は密接な関係があるのですが、この分野は出来るだけ専門家に施工してもらうことをお勧めします。
塗装職人が“塗装のついで”にコーキングの打ち替えを行うのはお勧めしません。

それはなぜか。

ちょっとした補修程度なら塗装職人が施工しても良いと思うのですが、おうち丸ごとのコーキング(防水)となると話は別。
責任重大だからです。

ここで一旦おうちを建てる時の話をします。

まず大工さん達がお家の骨組みを作ったあとに屋根職人が屋根工事を行いますね。
次に外壁がモルタルのお家でしたら左官職人が工事をした後に塗装職人が塗装をして外壁工事の完了となります。

これがサイディング壁のお家であればサイディング職人が壁を貼った後にコーキング職人がコーキング工事行ってから完了というのが普通の流れになります。

話を戻して外壁の塗り替えを行うときの話をします。

まず塗装作業を行うために足場の専門家がしっかりしたステージ足場を組みます。
そして外壁がモルタルなら塗装職人がひび割れなどの補修をしてから塗装工事を行います。

しかしこれがサイディング壁の塗り替えの時は話が別になるのです。
前述のとおり、新築時にコーキングの専門家が防水工事を行ったように塗り替え工事でもコーキング職人が施工するのが正しい施工手順になるのです。

新築工事の時サイディングパネルを貼った後に塗装職人がやってきてコーキング工事をすることは99パーセントありません。

そんなコーキング工事。

「新築の時はコーキング職人が施工して塗り替えの時は塗装職人がするんです」と言われると少し気になりませんか?

「えっ?専門の方じゃなくても大丈夫なんですか?」と。

※このような疑問を持たれたお客様からのご質問こそがこの記事を書くきっかけになりました。

塗装業者の多くは塗料のことや価格のことを詳しく説明するのですがコーキング工事のことは簡単に済ましてしまうためにお客様がその重要性を理解できないのです。

サイディング壁で出来たお家で最も重要視するべき点は塗料より防水面です。

「コーキングは塗装職人がやりますからそのぶん安いですよ」「ホント?嬉しい!」
それもいいでしょう。

ただ、私が自宅を塗り替えるなら施工費が高くなってもやはりコーキングのプロに施工してもらいます。
リフォーム工事は大工さん、屋根葺き替えは屋根職人、セメント工事は左官職人、水回りは設備職人、電機工事は電気職人、塗装工事は塗装職人、防水工事は防水職人が行うべきだと私は考えます。

選ぶのは自分、後悔するのも自分なのですが、この“後悔”が訪れるのが数年後になってしまうのが外壁塗装工事という分野なのです。
「コーキングのやり替えは専門の方が行うのですか?」というご質問に対しての私なりのご回答でした。

1 / 3123

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.