広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

笑顔の塗り替え講座

高圧洗浄の方法にも種類がある

外壁や屋根の塗装を行う前に高圧洗浄をするのですが、洗浄ガンのノズルに種類があることをご存知の方はほぼいらっしゃいません。

大まかに分けると4種類。

それぞれの状態や部位に合わせて使い分けます。

一般的に使用されるのが通称「ヒラ」と呼ばれるノズルで、この動画の中で使用されているものです。

他には「マル」や「トルネード」「フリー」というノズルがあるのですがヒラとトルネードが最も洗浄効果が高いノズルです。

ただトルネードは読んで字のごとく筋状に出る水を回転させ叩きつけながら洗浄するため時として下地を痛めたり過度に洗浄して表面を削ってしまうことがあります。

業者のレベルを見るためにあなたのお家に適した洗浄ノズルを訪ねてみるのも良いかもしれませんね。

8593A7F5-D6C8-4A1F-AD1B-D3D6A5758B6B

地震、水害による地盤沈下で家が傾いた

水害に震災と最近色々ありますね。

家が傾いて外壁に大きなひび割れが出来た。
室内の床にボールを置いたらゴロゴロ転がるくらいだ。 ローンが始まったばかりなのに人生も傾いて終わり。
このように思われている方がいらっしゃるようです。

大きくて重たい家が傾いたら終わり?

いいえ
よほどでない限り家の傾きは直せるのであきらめることはありません。

業者選びに失敗して出費に泣くことはあるかもしれませんが、、、。

不動産売却、賃貸物件について

戸建て住宅の塗り替え、外壁塗装専門店リプルクリエイトの代表川岡です。

先日、売却目的で塗り替えリフォームを行ったお家があったのですがすぐに売れたということがありました。
その他3年後に売却する予定でリフォームをご依頼された方もすぐに買い手が付いたのです。

なぜすぐに売れたのか。
購入者の目的に合っていたということもありますが、今回は第一印象が良いというのが大きかったようです。

お家を売却される方は建物が少々傷んでいても土地の価格や立地条件を自己都合で良い方に考えて、費用をかけずに高値で売却したいとします。
しかし購入する方は見た目が悪いお家を目の前にするとワクワクしていた気持ちが一気に萎えて再びそのお家へ訪れることはなくなります。

たとえばその原因が外壁に生じていたチョーキング現象だとしたら?
玄関のくたびれた靴箱だとしたら?
その後何年も売れずに放置したことが原因で大がかりなリフォームをせざるを得ない状況になってしまったら??

大大大後悔ですね。

しかし上記の方々は違いました。
少しお金をかけることで短期間で売却することができたのです。

「川岡さん、あれからすぐに売れたんですよ!ありがとうございました」

あくまでも結果論ではありますが、それが目的だったのですから良かったと私は思います。

「ほぉ~、きれいじゃないですか」

お家の外観と内覧に訪れた方が建物を見るやすぐにそう言われたそうです。

不動産オーナーも同様ですね。
賃貸物件を探されている方にときめいていただくことが重要だと思います。

私の知人に不動産投資でそこそこ成功している方がいるのですが、このあたりのやり方が非常に上手です。

というわけで、今回はこれからご自宅を売却しようと思われている方や投資物件の入居者増加目的で外壁塗装やリフォームをされる方はこのあたりをよーく考えないと勿体ない投資になってしまいますよというお話でした。

ウッドデッキの塗装が原因で起きる火災

ここ数年はDIYブームということもあり、ウッドデッキを自作したり塗装される方が多いのですが、
ここで注意していただきたいことがございます。
それはウッドデッキの塗装が原因で発生する火災のことです。
火災と言うと少し大げさな表現になるのですが、実際そうなる可能性があるのでウッドデッキをご自身で塗ろうと思われている方はよく覚えておいてください。

ホームセンターに行ってウッドデッキ用の塗料がないかと店員さんに尋ねたら、恐らく木材保護塗料をお勧めされるはずです。
わりと有名な塗料がキシラデコールという製品なのですが、塗料コーナーで見かけたことがある方も多いかもしれません。
キシラデコール
その他にもオスモやバトンという塗料、マニアックなものになるとシッケンズやプラネットカラーなど沢山の木材保護塗料が販売されているのですが、
これらの塗料の多くは自然発火する可能性があるのです。
具体的に申しますと、塗装するときに使用したウエスやスポンジが危険なのです。
※塗料そのものから発火することは無い。

ウッドデッキや室内の床に“木材保護塗料と言われる塗料”を塗布した時に使用したウエス(布)やスポンジをまとめて放置することはしないでください。

木材保護塗料が染み込んだ布やスポンジをビニール袋に入れて庭の隅に置いておいたりすると発火する可能性があります。
特に暖かい時期。

これは実際に私が発火現象を目の当たりにしていることによるものなので間違いはありません。
「火もないのに火事になるわけないだろ~」なんて思っていると大間違いです。

出来れば水を張ったバケツの中に入れておいてください。

処分方法は焼却がベストなのですが、それが不可能な場合はバケツなどに水を入れてそこに漬けておいて、可燃ごみとして出してください。

水性の木材保護塗料を使用すると良いのですが、水性塗料を用いてメンテナンスをされていたウッドデッキを途中から塗装業者に依頼する可能性がある場合は、業者に嫌がられる可能性もあるのでそのあたりのリスクがあるということも頭に入れておくと良いかもしれません。

まとめ:
油性の木材保護塗料に使った布やスポンジを放置しておくと自然に火が付く可能性があるので必ず水に漬け置くこと。

外壁塗装で失敗しない業者の見分け方

失敗しない塗装工事。
業者選びで失敗しないための講座ムービーを作成しました。
何も分からない方が塗装業者の善し悪しの判断をする際に重要となる参考ムービーです。

1 / 41234

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.