私たちが大切にしている3つのこだわり

私たちリプルクリエイトのこだわりその1

こんな話があります。

契約を済まし、実際に塗り替え工事が始まって、2日経った頃に施主様は急に不安な気持ちになり始めました。

なぜでしょうか。

それは職人のマナーの悪さが原因でした。

営業マンとのやり取りまでは、とても好印象だったのですが、工事に携わる職人の質が悪かったのです…。迷惑

大きな声で談笑したり下品な話をしたり、あるいはあちこちでタバコを吸ったり寝転んだり。
近所の方と出会っても無視したり、迷惑になる場所に車を駐車したりと散々でした。
しかしお客様はそれに対して注意する事ができずに、工事が終わるまで我慢して、悶々とした気持ちのまま完工を迎えてしまいました。

また、こんな話を聞いたことがあります。

ご自宅の近所で始まった塗替えリフォーム工事で、毎日職人を見ていたお客様からお聞きしたお話です。
その方からは「職人さんが無愛想で怖かった」「何人もが道に広がって、通りに聞こえるほどの声で話していてうるさかった。」などといったものです。

私自身(川岡)も実際に今日まで、そのような状況を幾度と無く目にしてきました。

そのような職人の施工の品質も、それに見合ったものになることをこれまでの経験で認識しております。礼儀

リプルクリエイトではマナー教育を徹底しております。

御近所への配慮やご挨拶、工事車両の駐車位置、休憩時間中の態度などにおいて、全てマナー教育された者が工事に携わっていますので、ご近所から囁かれるような事はまずありません。
きちんとマナーを備えている職人は、仕事にもその心がけが現れると確信しています。

私たちリプルクリエイトのこだわり2

ヒトにも色々なタイプがあるように、お家にも色々なタイプや構造があります。
例えばモルタル壁で出来たお家やサイディング壁で出来たお家、軽量鉄骨、在来構造、と多種多様々です。
同じ様に塗料にも多くの種類があってそれぞれの外壁に適した塗料というものがあります。
例えば塗料メーカーが「こちらの塗料はサイディングにも塗れますよ」と言っても、実際に塗ると剥離するような塗料もあります。
DSC04851 DSC05367 DSC05486
では間違いのない塗料や塗装方法を選ぶには、どうすればよいのでしょうか。
一番高級な塗料を塗れば良いのでしょうか。
カタログやマニュアルに沿って施工すれば良いのでしょうか。

いいえ違います。
数多くの経験をしてきた職人が、失敗を成功を乗り越えて確立してきた塗装システムで施工することが、最も失敗のない塗装方法となります。

リプルクリエイトではそれらの経験を反映させて、お客様のお家に最も適した塗装プランをおすすめしております。

また、時には施主様のご希望される塗料を「それは塗れません。」とお断りすることもあります。
全てはお家のため。
外壁塗装で十年以上の安心をして頂くために、最適なプランをお客様に学んでもらい、提案し続けております。

私たちリプルクリエイトのこだわり3

契約までは何度も家に来てくれたけど、外壁塗装工事が終わった途端、音沙汰無しということをよく耳にします。
また、工事が終わった後はお客様ご自身も何もなくて当然だろうと安心しているので、じっくりとお家を見る事もなくなります。
時には施工後、数年間、まったく気にする事がない方もいらっしゃいます。
しかしある日ふと、玄関のドアを開けると塗膜片が落ちている。
ふと屋根を見上げるとなんと塗装が剥がれていた!
慌てて施工した業者に電話をかけたけど、ノラリクラリと交わされて泣き寝入り…。

これは実際に有名ハウスメーカーで、塗替えをされたお客様から聞いた実話です。
こういった泣き寝入りを防ぐのが保証書であり、施工業者による点検になります。
リプルクリエイトは工事を下請けに丸投げする塗装店ではないので、当時の下地の状況や塗った塗料の色番号まで全てを記録しており、それを元に点検も行っております。

このようにアフターフォローに対する体制も整っております。