塗り替え時期を自己判断するコツ

見分けが難しい屋根や外壁塗装の適齢期を素人でも簡単に目視判断することができる方法がありますのでお教えいたします。

築10年、15年を超えた我が家。
外壁をよく見るとひび割れがあったり、色あせていたり、壁を触ると手に色が付いたり、外壁パネルの継ぎ目のゴム部分がヒビ割れていたりしませんか?

下の画像は目視でわかる塗り替え時期の判断目安になりますのでチェックしてみてください。

外壁にひび割れが発生している

hibi hibi2
発生しているひび割れが0.3mm以下のものでしたらあまり神経質になることもないのですが、上にある2つの画像のように幅が広いひび割れが発生している場合は壁の内側に雨水が侵入している恐れがあるので注意が必要です。
特に横に向いてひび割れている場合は雨漏りしている可能性が高いので早めのメンテナンスをしてあげる必要があります。

外壁の内側に対する雨漏りは天井のようにシミも出来ずに分かりにくいため、知らないうちに壁の中にある柱の腐食やモルタルの中性化による剥がれなどを招くことがあります。

劣化が進行すると大きな地震が来たときに壁が落ちる可能性もあるのでたかがひび割れを楽観視するのはよくありません。

もしも気になるようなひび割れを見つけた場合は調査を行いましょう。
ほとんどの塗装業者は外壁検査を無料で行ってくれるはずです。

外壁が浮いている・はがれている

uki剥離
外壁の剥がれや浮き上がりの原因は色々あるですが、比較的多いものとして先に述べた雨水の侵入や新築時の施工不良、凍害などが原因で発生します。

塗装が剥がれて下地が露出してしまった壁を放置した場合、あとから大がかりな補修工事が必要になることがあります。
その場合は補修費用分が余計にかかることになるのでなるべく早めの対策を行いましょう。。

ご自宅の外壁が浮いたようになっていたり、塗装の剥がれを見つけた場合は専門家に状況調査を依頼されることをお勧めします。

壁を触ると手に色がつく

Chalking
壁を触ると手に色が着く現象は、樹脂と顔料(色の粉)の結合が破壊されたことが原因です。
専門用語でチョーキング現象と言いますが、壁を触った際に指に色がつくようになったら塗装の適齢期になりますのでメンテナンスの意識を持ちはじめましょう。

チョーキング現象がひどくなるまで放置していた場合、本来であれば1回塗りで完了するはずの下塗りを2回行うことになる、その分予算がかかることになるケースもございますので注意してください。

外壁パネルとパネルの継ぎ目にあるゴム(シーリング、またはコーキング)が硬化していたり剥がれかけている

caulking koki シーリング亀裂
パネルのような外壁材のお家の場合は、パネル壁(以下サイディング)の多くは接合部分から雨水が入らないようにゴムのようなものを充填して防水対策されています。
このゴム(以下シーリング)が劣化することで、ひび割れが起きたり内部に雨水が入るようになります。

このような外壁材で建てられたお家にお住まいで、新築から10年前後経過している場合はお家の外周をグルリと回りながら継ぎ目をチェックをしてみてください。
上にある画像のように隙間が開いたり日々が入っている場合は早めに専門業者に相談する必要があります。
なぜ早めなのかと申し上げますと、サイディング壁の防水効果はシーリングが90%以上を占めているからです。

ちなみにサイディングの平均寿命は30年といわれていますが適切なメンテナンスをしてあげることで予想以上に頑張ってくれます。

新築から8年~10年を迎えた“意匠性サイディング”

一昔前は塗装の必要が無いと言われたサイディングパネルも、表面に塗装加工がされている限り必ず再塗装が必要になります。
そして以下の画像にあるようななデザイン性の高いサイディングの場合はより早いサイクルでの塗り替えが必要となります。

ishi renga

このようなレンガ調の外壁材は“意匠性サイディング”という分類になるのですが、メンテナンス時期を見誤ると美しい模様を塗りつぶさなければいけなくなります。

反対に早めの塗り替えを行うことでこの模様を生かすことができます。
それが“意匠性サイディングのクリヤー塗装”になります。

無色透明な塗装な塗装で美しい模様を色で塗りつぶすことなく新築当時の外観を保つことができるのです。
意匠性サイディングのお家にお住まいの方で現在の質感を失いたくない方は築8年~10年目の段階で調査を行うことをお勧めします。


外壁にカビや藻、コケのようなものがある

kabi koke2
外壁に緑や黒っぽいシミのような汚れが発生し始めた場合、その多くはカビや藻になります。

北面や太陽の日差しが当たりにくい場所、植物や山が近いお家の屋根や壁にカビや藻が生えやすくなります。
この現象が新築から僅か3年程度で発生し続けているお家の場合は通常の塗装を行ってもまたすぐに藻が生えてくるため、洗浄から抗菌対策を行ってくれる業者に工事を依頼する必要があります。

いずれにしても藻はやっかいな現象なので抗菌に詳しい業者に施工してもらうことが絶対条件になります。

 

階下から見てもわかるくらい屋根の色が変色している・白っぽくなっている

yane2 yogore
新築から12年目を経過したカラーベスト屋根の例。

色が剥げている・屋根材が浮き上がっている

yane1
著しく劣化が進行してしまった屋根。

オレンジ色のコケが生えている

koke
怖いダイダイゴケの発生!

屋根のセルフチェックは素人には難しいのですが、階下やお隣の2階から見ることが出来るのであれば上にある画像の状態になっているかどうかで塗り替え適齢期の判断が出来ます。
同様の状態になっている場合は早めの調査や塗り替えをお勧めいたします。
※塗装加工がなされている屋根は外壁と比較して1.2倍以上の勢いで劣化が進行します。

■塗装をする際に最も注意しなければいけないのがモニエル瓦▼
lastmonieru1 monieru2
モニエル瓦屋根の画像です。 艶の消失や表面が粉っぽく見えるようでしたら塗り替え時期を迎えています。

ここから以下が重要なお知らせになりますのでよく覚えておいてください。

っ心ない業者にがもたらしたモニエル瓦の不具合。
適切な洗浄と下塗りを怠った結果、塗り替えてから1年目でこの画像のように塗膜剥離が始まるので必ず経験豊富な業者に塗装を依頼しましょう。
hakuri1
※施工不良によってベリベリ剥がれるモニエル瓦の塗膜。
hakuri2
ご自宅の屋根を見上げてモニエル瓦かもと思われた場合は弊社に御相談下さい。