広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

笑顔の塗り替え講座

築10年を過ぎたら本当にクリヤー塗装が出来ないのか

築10年を過ぎたサイディング壁の家にお住まいの方から時々ご相談をお受けします。
結論から申し上げますと10年過ぎてもクリヤー塗装が出来る壁は結構あります。

稀に築15年を迎えた家でもクリヤー塗装が出来るケースもあります。

ただし10年を経過した家の場合は少し慎重な判断が必要になりますので、ここは塗装のプロに診てもらいましょう。

なぜ工務店やハウスメーカーではなく塗装のプロに相談なのか。

 

それは専門性にあります。

素晴らしい設計士や建築家でも築10年目の家の壁にクリヤー塗装が出来るかどうかの判断は出来ません。

決定的な理由は、実際に自分が塗ってないからです。

自分がクリヤーを塗って、その数年後の状態を知らないから。

つまり経験がない人に診てもらっても真実を知ることが出来ないからです。

経験がないと概ね一般論やカタログ数値を基準に考えるしかできませんよね。

だから「築10年を過ぎたらクリヤー塗装はしない方がいい」となる。

ご理解いただけたでしょうか。

ですので築10年を過ぎたサイディング壁の家にお住まいの方でクリヤー塗装の可否を悩まれている方は
塗装の専門家に調査を依頼してください。

そこに、答えがありますから。

長期優良住宅と断熱塗装の相対性について考察

長期優良住宅にお住まいの方から相談があり、先の塗り替え時期に断熱塗装をするとどうなるのか的な相談があったのですが
基本的には長期優良住宅の場合、断熱性能が設けられているため外壁の塗装における断熱性能は意味が無いのではと個人的に思っています。

断熱性能といえばUA値という基準が出てくるのですが、建物省エネ法における広島地域の基準UA値の目標が0.87以下にしましょうとなっているため
断熱塗装ウンヌンは全く関係ないという話になります。
さらにZEH住宅(ゼロエネ住宅)の場合はさらにUA値が低くなるのでもう外壁の塗装に断熱を塗るという選択肢はなくなってきます。
そして高気密という面においても断熱性能とセットに考えられていると思うので壁内にカビが生えてくる確率という面においても問題なくなってきますし、気密性能がC値が1.0以下の住宅やパッシブハウスを目指しているような超高気密な住宅の場合カビの心配はほぼゼロになるのではと思います。
そして内断熱や外断熱工法関係なく光熱費の面においてもこれらの住宅は年間にかかってくる費用も低くなるため断熱塗装をして光熱費を下げるという理論が通じなくなりますね。
ただし熱が原因で生じてくる外壁材の変形や塗膜の劣化対策としては断熱塗装は有効になりますので、保護目的としての断熱塗装であれば有効な塗装方法ということになると私は思います。

ただ、今回のお話においてもそうでなくても外壁から雨水などが侵入してくる場合は断熱ウンヌン関係なく注意が必要になってきます。
ひび割れやシーリングの劣化が原因で壁内に入り込んだ雨水が通気層や壁内に滞り、カビが発生したり構造壁に影響を及ぼす恐れがあるからです。
つまり長期優良住宅の場合は断熱塗装の前にひび割れやシーリングの亀裂が無いかこまめにチェックしておくことの方が重要になるということ。

小難しい内容になりましたが、長期優良住宅における外壁塗装の基準は何にすればいいのかを考えられている方はこの話を参考の一つにしていただければと思います。

※あくまでも私の理論なのであしからず、、、。

怒っています+タメになる動画公開

このたび弊社にて外壁塗装工事のご契約をされたお客様の“お父様のお家”のことです。
つまりご実家で起きたお話なのですがこれを聞いて私は今怒っています。

一体何に対して怒っているのか。

ことの発端はこちらのお母様がお家に居る時にやってきた「飛び込みの営業マン」に始まります。

塗装の営業はたびたびやって来るとのことで、お母様もいつもなら「結構です」とお断りするそうなのですが、この日はどういうことか断らずにお話しをされたのでした。
玄関を開けると明るくてハキハキした青年が立っていて、一生懸命な姿を見て息子のように感じられたとのこと。
その結果お母様は応援するような気持ちで見積もりを許可されました。

「やらなくてもいいなら、見積もりだけならいいですよ」
「ありがとうございます!」

会話も手短に終わり、後日別のものが測量に来るとのことで青年営業マンは速やかに帰られたそうです。
そして約束通り作業服を着た別の方が測量に来て、10分程度調査して帰りました。

その日に電話があり翌日青年営業マンやってきたのですが、そこから色々始まったとのことでした。

聞いたお話を箇条書きにすると以下のようになります。

・家に上がってもらったはいいが一方的に話しまくる。
・見積もりだけというのに契約の話が出た。
・やんわり断っても帰ってくれない。
・何時間も居るので結局根負けして契約した。
・近所で何軒もやってると聞いたので大丈夫だろうと思った。

これは私が本当によく耳にする話なのですが、他県に本社があって全国展開している訪問販売業者の営業テクニックです。

そして、この後お母様は大失敗することになるのでした。

・壁を洗うと言ったのに洗わずに塗り始めた。
・工事があっという間に終わった。
・ちゃんと塗っているのかどうか留守にしていたのでわからない。
・何年かしたら剥がれるんじゃないか。

優しいお母様は青年に苦情を言うのに気が引けて言わなかったそうなのですが、、、、
私はこの話を聞いて怒りました。

「他所から来て人の街を荒らしてんじゃねぇぞ」

いやぁ、ちょっと下品な言い方だけどほんとコレですよ。
私も18歳からの叩き上げ職人なもんでこういう話を聞くと怒っちゃうんですよね。

広島市に本社が無い外壁塗装の訪問販売会社には気を付けてくださいね。

そして地元広島にある熱い塗装屋は、この様な被害に遭う方が減るように頑張っていきましょう。

そこでこんな動画を投稿しました。
訪問販売の話しではないのですが低質な訪問販売業者を見抜くには最適なお方法だと思います。

外壁塗装で失敗しない業者の見分け方

失敗しない塗装工事。
業者選びで失敗しないための講座ムービーを作成しました。
何も分からない方が塗装業者の善し悪しの判断をする際に重要となる参考ムービーです。

石調セラミック塗装が30年も耐久性がない理由

“悪質”な訪問販売業者がよく使う塗料の一つに「石調セラミック塗装」というものがあります。
悪質な業者はこの塗料のカタログをテーブルの上に広げながら「大理石のような見た目で耐久性が30年以上ある素晴らしい塗料です!」と推しすすめてきます。

※概ねこのような石っぽい塗装見本が並んだ冊子が石調セラミックのカタログになります。
石調セラミックカタログ

確かにセラミック自体は本当に30年以上の耐久性があります。

しかしこの塗装を推し進めてくる場合にはカラクリが隠されていることがあるため気をつけなければいけません。

それではこのことを少し掘り下げて記述します。

まず石調セラミック塗料がどういう物質なのか簡単にいうと、以下になります。

■石調セラミック塗料とは■

1、陶磁器(セラミック)を細かく砕いて塗料の中に混ぜたもの。
2、珪砂などの無機物を塗料の中に混ぜたもの。
3、天然石を砕いたものや貝殻などを塗料に混ぜたもの。

 

陶磁器(セラミック)が劣化しないことは数百年前の陶器が土中から当時と変わらない形で発掘されていることをみるとわかると思います。
多くは割れていますが素材そのものはまったくといっていいほど劣化していませんね。

ではセラミックが混ぜ込まれる側の塗料(樹脂)の耐久性のほうはどうでしょうか?

現在最強といわれる無機塗料でも30年はもちません。

ということは?

“感”のいい方はもうお分かりだと思います。

10年程度の耐久しかない塗料の中にセラミックを混ぜるとどうなると思いますか?

「30年以上の耐久性があるセラミック塗装です!」といった言い回しが可能になるではありませんか。

これがセラミック塗装のからくり、つまり落とし穴なのです。

恐ろしいですね。

以下に劣化した石調セラミック塗装を動画にしましたのでご覧ください。


この動画は30年の耐久性があるセラミック塗装だと勧められて塗った家の13年後の状態です。

指で擦るとセラミック(陶磁器)が砂のように落ちてるのが分かりますね。

これが 「セラミック自体は30年以上の耐久があるけどセラミックが混入される側の塗料にはそこまでの耐久性が無い」 という根拠になる動画です。
ちなみにこの家に住まれている方が業者に電話すると、通じませんでした。

さて、次に問題なのは劣化した石調セラミック塗装を塗り替える時です。
動画のように指でなでるだけでセラミックがパラパラと落ちる状態になった状態の外壁をそのまま塗り替えると、ほぼ確実に剥離を起こしてきます。

したがって下塗りをする前に、下地作りという余計な工程が発生して割高な塗装工事になります。
お分かりになりましたでしょうか。

このように外壁塗装というものは一番初めの施工法や品質が次の塗り替えに大きく影響を及ぼすのです。

では最後に振り返ります。

1、訪問業者から石調セラミック塗装を提案されたら注意すること。
2、セラミック自体は30年耐久するが塗料はそんなに耐久しない。
3、石調セラミックの塗装をした場合は次の塗り替えで余計な費用がかかることがある。

 

それではまた。

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.