広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

笑顔の塗り替え講座

遮熱塗装や断熱塗装のリアルな話

今回は遮熱塗料や断熱塗料のリアルな話をしたいと思います。

「川岡さん、遮熱塗装って効果あるんですか?どのくらい涼しくなるんですか?」

お客様からこのようなご質問をよく受けます。

私は嘘がつけないタイプなので正直に申しあげます。
ぶっちゃけますと「遮熱塗装を塗ったら部屋の中が涼しくなった!」 という感激の声はまだ聞いていません。

しかし温度が下がったという肌感が少ないだけで遮熱塗装の効果はあります。

遮熱塗装をした屋根を実際に温度計で計ってみるとハッキリした結果が出てたので遮熱効果が出ているのは間違いないでしょう。

ただ、あきらかに体感できるほど室温が下がるケースは稀です。

明らかに差が出たのは“断熱”塗装をした家の2階のお部屋でした。

この結果から申しますと室温低下を期待される方は遮熱塗装ではなく断熱塗装をすることをお勧めします。

ちなみに弊社が扱っている断熱系の塗料は以下になります。
ガイナアドグリーンコ-トキルコートの3つです。

この中で良く知られているのはガイナでしょうね。

ガイナはTVから取材を受けたり、けっこう露出が多い塗料なのでご存じの方もいらっしゃるのではないかなと思います。
弊社でも塗装していますが、なんだか室内の温度が変わったというご感想は比較的よくいただきます。

続いてアドグリーンコートですが、この塗料の分類は断熱ではなく排熱塗料になります。
排熱塗料というのは簡単に言うと、塗料の中に熱が溜まりきる前に排出して温度を下げてくれる塗料です。
色の選択肢も多く、塗料の特性も個人的に気に入っています。

続いてキルコートですが、これは関東方面では人気があるようですが中国地方、広島市などではあまり使われてないようです。
キルコートはガイナと同じ断熱塗料なのですが塗膜の風合いがガイナより細かいため美しいに仕上がりになるので好きです。
ただしガイナでは3~4回塗の塗装で済むところがキルコートだと5~6回塗らなければいけないのでガイナより高価になります。

というわけで個人的な体験を元に遮熱、断熱塗料の知りたい部分を書いたわけですが、私の経験から言うと遮熱塗料で部屋の温度がハッキリと体感できるのは、結論として空間の大きな工場や倉庫でした。

実際に倉庫の屋根に遮熱塗料を塗った時に、遮熱塗料を屋根の半分くらいまで塗った辺りで事務員さんが表に出てこられて驚いていました。

「なんかいつもより涼しいんですけど!」といった具合に、、、。

というわけで今回の内容をまとめますと、遮熱塗料の効果は住宅ではあまり望めないということと、効果を求めるのであれば断熱塗装のほうが体感があるということですね。(2階の部屋に限る)

ただし

「遮熱効果があまりないのなら塗るのをやめよう」と思うのは早計です。
遮熱効果があるということは蓄熱も少ないということになるため家にとって優しい塗装になるからです。

(外壁の劣化要因の一つに熱がある)

なので遮熱塗装の考え方としては、ハッキリ体感できる効果があるかどうか分からないけど家のためだから塗ってみようかくらいのスタンスで塗装されると良いんじゃないかなって思います。

遮熱塗装の効果について知りたい方はご参考下さいね。

塗装業者の品質は工事が始まらないと見えてこないワケ

塗装工事が始まって初めてわかる!あなたが見定めた業者の真実

リフォーム業は別名クレーム産業と揶揄される業界だということをご存じでしょうか。
かつて消費者センターへの問い合わせがダントツに多かったリフォーム業界は優良業者と同じくらいの悪徳業者がうごめくネガティブなイメージを持った業界でした。

いまでこそ数が減ってはいますけど「悪質なリフォーム業者」に関する相談や「リフォーム訪問販売」に関する相談が国民生活センターに今も続いています。
特に近年ではリフォ-ムや外壁塗装に関する相談が広島で最も多く見受けられました。
※自社調査。

なぜこのような相談が多いのか。
要因として業者とお客様の関係にヒビが生じたことが発端になってしまったケースが多いようです。
具体的な例を申しますと、お客様とのコミュニケーションや確認不足が招くトラブルなどです。

どうしてそうなるのか、一つの事例を書くのであなたの頭の中で情景を思い浮かべてみてください。

舞台はあなたの住む家の塗装工事がほぼ終わりになりかけたころの話です、、、。

あなた 「営業の方がこの部分も塗るといったんですけど塗っていない のはどu

してですか?」
職人  「え?僕は営業から聞いてないので塗りませんよ」
あなた 「うそでしょ?ちゃんと営業の方と約束したし、明細書にも書いてあるんですけど」
職人  「チッ、僕に言われても困るんですけど。予定があるんで帰りますね」
あなた 「まぁ、なんてこと!この職人さんは一体どうなってるの!とんでもない会社に工事をお願いしちゃったみたい、、、(後悔)」

いかがでしょうか?

このような小さなミスが何度も続くうちに恐らくあなたは、自分が蔑ろにされたと思って傷ついてしまうでしょう。
そして最終的に
「もう二度とここにはには頼まない!」という記憶だけ残すことになるのです。

実はこのようなトラブルは実際に工事が始まってから起きることがほとんどなのです。

工事にかかる前までは塗装業者と良好な関係が築けていると思っていたのに、いざ工事が始まると職人と営業マンとお客様との関係が混乱して何度も嫌な思いをすることになってしまう。

なので、このような後口の悪いことにならないように、工事にはどんな職人が携わるのか確認しなけれならないのです。

特に自社でやらずに下請けに丸投げ発注するスタイルの業者は特に注意が必要になります。
それは人島の塗装業者であろうと広島以外の塗装会社であろうと関係ありません。

その他にも広島における住宅の外壁塗装シーンで注意しなければいけない点がたくさんあるのですが、ネガティブな内容になりすぎるので、不本意。

今回はこのくらいでやめておきます(笑)

詳しくは動画をご覧ください。

ベテランが語る!外壁塗装で色分け工法をすることのメリットとデメリット

こんにちは!

代表の川岡です。

唐突ですが時々お客様からこのようなご質問をいただくことがあります。

「御社では色分け工法で塗装していますか?」

色分け工法、、、、?

なんのことかわかりませんよね。

塗装の工程には下塗り、中塗り、上塗りの3工程が基本になっておりまして、
3工程のうち中塗りと上塗りの色を変える塗装方法のことを色分け工法というのですが、
今回はそのような塗りかたをする意味と、色分け工法のメリットとデメリットについてお話しいたします。

ではまず中塗りと上塗りの色を変えることの理由が分からない方のために、その理由から。

まず一つ目の理由。

現在あなたの家を塗り替え工事していると思ってください。

そして中塗りを白で塗っているとします、そこに赤の上塗りを塗ったらどうなると思いますか?
赤に塗りつぶされていない部分が白く残ってしまうことが想像できると思います。

つまり中塗りと上塗りの色を変えて塗った場合は塗り残しを容易に発見できるというメリットがあるのです。

もう一つは中塗りと上塗りの色を変えることで悪質な職人が2回塗りを1回塗りで済ませてしまうといった手抜き工事ができなくなるというメリットがあります。

心配性な方からすると塗り残しがなくなって手抜きもできなくなる色分け工法が最適な塗装方法に感じますよね。

しかし、色分け工法は本来の塗装方法と異なるため多くのデメリットがあるのです。

色分け工法をすることのデメリットはなにか。

まず、塗料メーカーのカタログをご覧いただくとわかるのですが中塗りと上塗りの色を変える前提にした塗料が作られておらず、同じ色を2回塗るようになっております。

概念として同じ色を2回塗ることによって深みが増して厚い塗膜が完成されるものなのですが、中塗りと上塗りの色を分けるということは上塗りを1回で済ませているのと同じことになるのです。
深みも厚みもなくなるため中塗りの色が透けてしまうことがあります。

そして経年で上塗りの色が落ちてきたときに中塗りの色が露出して壁全体に色ムラが出てくる恐れがあるのです。

さらには費用面においても塗装の面積次第で塗料のロスが発生するため塗料代金の追加も発生するケースがあります。

このようにお客様にとってみると実はデメリットのほうが多くなってしまうのです。

でも心配性な方は色分け工法を希望したくなりますよね。

たとえば、こんな風に。

「デメリットが多いのはわかったるけど同じ色を2回塗ったら塗り残しに気付けないし2回塗ったかどうかわかんないじゃん」

ごもっともです。

なので、次はその疑問についてお話しいたしますね。

まず塗り残しのほうですが、塗装職人であれば恐らく全員が理解しているであろう塗料の特性のひとつに「色が上る(のぼる)」という現象があります。
色が上るという現象がは塗ったばかりの塗料が乾いていく過程で色が濃くなっていく現象のことです。

まず赤色の塗料の作り方を超ざっくりに説明すると、半透明な接着剤の中に赤色の粉を入れて作るものだと思ってください。
半透明な接着剤の中に赤色が混ざってるわけですから塗ったばかりのときはぼんやりした赤色になることは想像できますよね?

しかし時間の経過とともに接着剤が乾いてくると同時に淡い色が取れてハッキリした赤色が浮かびあがってくるのです。

これが「色が上る」という現象です。

色が上るいうことは?

同じ色を二回塗っても上りによって中塗りと上塗りの色が違って見えるためプロであれば塗り残すことは無くなりますよね。

お分かりでしょうか?

しかし、この理論が通じるのは優秀な職人が塗った場合の例です。

2回塗ったかどうかも職人の心意気に依存する部分があるのですが、搬入した缶数と使用した缶数を見れば概ねわかります。

ただ、そこまで細かく監視すると職人が嫌がり始めるかもしれないので良いお仕事にならないかもしれません。

難しいですよね、、、。

なのでどうしても手抜きが不安だと思われる方はデメリットを踏まえたうえで色分け工法を業者に依頼されたら良いのかもしれません。

いちばん良いのは信頼できそうな職人が作業に着いてくれる業者に出会えることなんですけど、それが難しいから皆さん悩まれてるんですよね。

すみません、モヤモヤした感じになってしまいまして。

というわけで今回は色替え工法をすることによるメリットとデメリットについてのお話しでした。

それではまた。

サイディングの住宅にお住いの方は必ず読んでください

こんにちは! 代表の川岡です。

今回のテーマはサイディングパネルという外壁材の塗り替えに関するお話です。

現在、外壁にサイディングパネルが使用されている一戸建て住宅にお住まいの方で、これから壁の塗装や塗り替えを考えている方にとってとても重要なお話ですので、必ず最後まで読んでおいてください。

まずあなたが家の外壁の塗装を考えたとき、知人などの紹介がなければ情報収取から始めることになると思います。
ネットを使用して良さそうな塗装業者やリフォーム会社を検索したり、新聞に折り込まれていたチラシの業者を調べたりするはずです。

次にご自身が良さそうだと感じたいくつかの業者に見積もり依頼をして後日商談となるのですが、ほとんどの業者は商談の際に塗料の話ばかりしてくるはずです。
たとえば艶の良さや耐久性能を熱く語ったり、自社が最も得意とする塗料を用いた塗装プランを提案してきたりなどなど。

例えば「ウチは広島塗料のフッ素塗装をしますから長く持ちますとか」とか、「遮熱、断熱塗装をお勧めします」とか熱心に話すことでしょう。
中には「ウチは他社と違って下塗りにこだわっています」といった感じで、下塗り塗料の説明を熱く語る業者もいるかもしれません。

中には業者の熱い提案に触発されて思わず即決契約してしまう方がいるかもしれません。

「長持ちしてキレイなんて最高じゃない?ねぇあなた」といった具合に。

あなたならどうでしょう?

業者が詳しく説明してくれた塗料に納得できたら契約する方向にいきますか?
価格とプランが希望にマッチしたらあとはOKですか?

もしそうならあなたは塗装で失敗をする可能性、大です。

失敗する可能性が大きいとはどういうこと?

と思ったならこのまま読み進めてください。

ここから本題です

冒頭にお話ししたようにサイディングパネルが使用されている一戸建て住宅の塗り替えをするときは、確かに塗料の耐久性や性能は大切ですし下塗りにこだわることも重要です。
しかし!
外壁にサイディングパネルが使用されている一戸建て住宅の塗り替えする場合は、大前提として防水機能の確保が重要になるのです。

塗料の性能や下塗りの話はそのあとのことなのです。

まずは基本となる防水対策をきちんとしておかないとせっかく塗り替えても数年で雨漏りを起こす可能性があります。

“雨漏りの対策無くして外壁塗装をするなかれ!”

なのです。

というわけで続いて重要なシーリングについて掘り下げてお話しいたします。

※シーリングというのはパネル同士の継ぎ目やサッシ周りにあるゴム状の謎の物質のことです。

まずシーリングで防水対策をする場合、おもに2つの工法があります。
多くの塗装業者がこの2つのうちのどちらかの工法を提案してくると思いますのでこれについて深堀りしてお話しします。

まず1つ目の方法は痛んでいるシーリングの上に塗り重ねて応急処置をする「増し打ち工法」
2つ目の工法はシーリングを全て剥ぎ取って新しく充填する「打ち替え工法」があります。

この違いがどのようなものなのか一般の方には分かりにくいと思いますのでメリットとデメリットに分けてお話しします。

増し打ち工法のメリットは価格です。

増し打ちという言葉の通り古いシーリングをそのままにして上から数ミリほどシーリング材を乗せるだけなので材料もいらないし工事も早い。

それだけにかなり低価格での施工が可能になります。

噂によるとシーリングを増し打ちすることの不安を解消してくれて格安な提案をしてくれる業者もあるみたいなのでご予算が厳しい場合はそのよな業者に依頼すると費用面で大きなメリットがあるかもしれません。

では増し打ち工法のデメリットは何か。

それはいつ不具合が出るか分からない時限爆弾的な処置になることです。
先にお話ししたように増し打ちというのは古くなったシーリングの上に1ミリから2ミリほどシーリングを覆いかぶせるだけの応急工法なので、防水効果はほとんど期待できません。

それどころか、運が悪ければ1年で剥がれてせっかくのお金をドブに捨てることになる可能性も秘めています。

なぜそのような可能性が出てくるのかというと、、、

シーリングで防水機能を備えるためには一定の基準を満たさないといけないからです。

具体的に言うと「目地の深さ5mm×幅10mmの基準でシーリングを充填(じゅうてん)しないと防水効果は期待でない」とかこんな感じの条件があるのです。

次は打ち替え工法のメリットについて。

これはもう言わなくてもご想像していただけると思うのですが、打ち替え工法をすると高い防水性能を長期に渡って維持することが可能になります。

しかもシーリングの種類によっては20年以上耐久性を備えたものがあるので、それを施工すると最強の防水性を備えることができるといっても過言ではなくなります。

では反対に打ち替え工法のデメリットは何か
というと、それなりに費用がかかるという部分です。

古くなったシーリングを全てはぎ取って新しく充填するために手間とシーリングの使用量が増し打ち工法の倍以上必要になります。

費用もそれなりにかかります。

でもその代わりに新築と同等かそれ以上の防水性能が備わるので雨漏りの不安も、後から剥がれてくる不安もなくなります。

いかがでしょうか。
ここまで読まれたあなたは増し打ちにします?それとも打ち替えますか?

今回はサイディング塗装で最も重要なシーリング防水についてのお話でした。

今回のお話しはサイディングパネルが使用されている一戸建て住宅にお住いの方にとってはとても大切なことなので必ず覚えておいてくださいね。

外壁塗装における足場の重要性について

外壁塗装をする際に必ず必要なのが足場なのですが、昔から足場は大変重要や役割を担ってきました。

いまから遡ること30年以上前。

私が塗装工見習いをしていた頃の話になります。

当時は住宅塗装の足場に丸太を使う塗装業者がたくさんありまして、足場の素材が木材なだけに腐って折れたりする事故が頻繁に起きていました。

そんな丸太の足場が次第に単管パイプ足場に変わっていったのですが、今では住宅塗装における足場のほとんどがビケ足場というくさび式のものに変わっていきました。

■くさび式足場の見た目。

●安全指導の元であれば一般の方でも上がれるくらいしっかりしている。

しっかりしていそうなのが画像からも見て取れると思います。

さて、いまサラリと書き流した単管パイプ足場なのですが、実は違法なものがあることはご存じないですよね?
なので今回はこれについて掘り下げてお話ししたいと思います。

●単管パイプ足場の一例。

以前単管パイプの足場でこのような事件がありました。

※厚労省ホームページより抜粋。
建物の屋上に居た作業員が2mと4mの単管パイプをボンジョイントでつないだものを地上に降ろす作業をしている際に、上側の2メートルの単管にボンジョイントで接合されていた4メートルの単管が継ぎ目から外れて落下して直下にいた作業員に直撃し死亡した事例。

実はこの時に使用されていた足場と同じ材料を使用している塗装業者がいまだにあるのですが、少し調べてみたところ違法な足場を使用する理由の一つが判明しました。

「ボンジョイントを使うと安く足場が組み立てられるから」

つまり違法だと知りつつも工賃が安いから選択肢が安い単管パイプしかないかということなのです。

●違法足場に使用されるボンジョイント。
 
2019年に名古屋の方で足場の部材が落下して歩行者が死亡するという痛ましい事件がありました。
ビルの屋上で足場を組み立てているその下には安全対策が取られていなかったということでしたが、なぜ安全対策が取られていなかったのかあなたでも容易に想像できると思います。

このような観点から私は常に安全で正しい足場を使用すべきだと思っており、作業員や職人が安心して作業ができるからこそ高品質な塗装工事が可能になるのだと確信しています。

さて、このように時代の移り変わりとともに主流になったくさび式足場なのですが、これには利点が多くあります。

それはまず冒頭で観ていただいたように怖くないということです。

単管パイプ足場は不安定な二本のパイプの上に立って作業するため、常に足元に注意しておかなければ落下事故に繋がります。
そしてそれがきっかけになって職人が望まない手抜き塗装をしてしまうケースもあります。

ここでいう望まない手抜きというのは職人が最初から悪意を持って手抜き塗装をするのではなく、
足場が怖いからとか、手が届かないとか足場が原因で発生する手抜きです。

しかしこれは安全なくさび式の足場を使用することで激減します。

足元が不安定で怖い足場に見えますか?

さて、ここまで住宅塗装の足場について書かせていただいたのですがなんとなくその重要性を理解していただけたでしょうか。

お客様にすれば工事終了とともに消えてしまう足場工事なのですが、工事の品質を大きく左右する影響力のある重要な役割を担っているということ。

最高の仕上がりを目指すには家と同じように土台作りからしっかりしておかないといけません。

今回は塗装工事で軽視されがちな足場工事の重要性についてのお話でした。

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.