広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

笑顔の塗り替え講座

外壁塗装で失敗しない業者の見分け方

失敗しない塗装工事。
業者選びで失敗しないための講座ムービーを作成しました。
何も分からない方が塗装業者の善し悪しの判断をする際に重要となる参考ムービーです。

石調セラミック塗装が30年も耐久性がない理由

“悪質”な訪問販売業者がよく使う塗料の一つに「石調セラミック塗装」というものがあります。
悪質な業者はこの塗料のカタログをテーブルの上に広げながら「大理石のような見た目で耐久性が30年以上ある素晴らしい塗料です!」と推しすすめてきます。

※概ねこのような石っぽい塗装見本が並んだ冊子が石調セラミックのカタログになります。
石調セラミックカタログ

確かにセラミック自体は本当に30年以上の耐久性があります。

しかしこの塗装を推し進めてくる場合にはカラクリが隠されていることがあるため気をつけなければいけません。

それではこのことを少し掘り下げて記述します。

まず石調セラミック塗料がどういう物質なのか簡単にいうと、以下になります。

■石調セラミック塗料とは■

1、陶磁器(セラミック)を細かく砕いて塗料の中に混ぜたもの。
2、珪砂などの無機物を塗料の中に混ぜたもの。
3、天然石を砕いたものや貝殻などを塗料に混ぜたもの。

 

陶磁器(セラミック)が劣化しないことは数百年前の陶器が土中から当時と変わらない形で発掘されていることをみるとわかると思います。
多くは割れていますが素材そのものはまったくといっていいほど劣化していませんね。

ではセラミックが混ぜ込まれる側の塗料(樹脂)の耐久性のほうはどうでしょうか?

現在最強といわれる無機塗料でも30年はもちません。

ということは?

“感”のいい方はもうお分かりだと思います。

10年程度の耐久しかない塗料の中にセラミックを混ぜるとどうなると思いますか?

「30年以上の耐久性があるセラミック塗装です!」といった言い回しが可能になるではありませんか。

これがセラミック塗装のからくり、つまり落とし穴なのです。

恐ろしいですね。

以下に劣化した石調セラミック塗装を動画にしましたのでご覧ください。


この動画は30年の耐久性があるセラミック塗装だと勧められて塗った家の13年後の状態です。

指で擦るとセラミック(陶磁器)が砂のように落ちてるのが分かりますね。

これが 「セラミック自体は30年以上の耐久があるけどセラミックが混入される側の塗料にはそこまでの耐久性が無い」 という根拠になる動画です。
ちなみにこの家に住まれている方が業者に電話すると、通じませんでした。

さて、次に問題なのは劣化した石調セラミック塗装を塗り替える時です。
動画のように指でなでるだけでセラミックがパラパラと落ちる状態になった状態の外壁をそのまま塗り替えると、ほぼ確実に剥離を起こしてきます。

したがって下塗りをする前に、下地作りという余計な工程が発生して割高な塗装工事になります。
お分かりになりましたでしょうか。

このように外壁塗装というものは一番初めの施工法や品質が次の塗り替えに大きく影響を及ぼすのです。

では最後に振り返ります。

1、訪問業者から石調セラミック塗装を提案されたら注意すること。
2、セラミック自体は30年耐久するが塗料はそんなに耐久しない。
3、石調セラミックの塗装をした場合は次の塗り替えで余計な費用がかかることがある。

 

それではまた。

外壁塗り替え時におけるサッシ周りのシーリングの必要性について

先日お客様からサッシ周りのシーリングの必要性についてご質問がありましたので記事にしておきたいと思います。

「モルタルの住宅なんですけど外壁塗装を提案された会社からサッシ周りのシーリングをしなければならないと言われました。実際はどうなんですか?」
とのこと。

結論から申し上げますと在来工法の木造モルタル構造の家のサッシ周りのシーリングはほとんど必要ありません。

それはどうしてか?

以下にこのことについて掘り下げていきます。

話は新築時までさかのぼります。

家を建てるときはまずは棟上げをして屋根ができて骨組みだけの状態の外壁にサッシを取り付けて、それから壁全体に防水シートを貼っていきます。

そしてサッシの周りに少し厚手の防水テープをグルリと重ねて貼ってそのあとモルタルを塗りつけていくというのが在来木造住宅の外壁における工事の進め方です。

次は新築から十数年後に外壁の塗り替え時期を迎えたときの話になるのですが、上記の方法で造られた家の場合はサッシ周りにシーリングを充填する必要はありません。

ただし例外はあります。

設計上新築時にシーリングが充填されているケースや、サッシとモルタルの境目の隙間が広くなっている場合はシーリングを充填しなければいけません。

しかし、サッシとモルタル壁の隙間が1mm程度であれば塗料の厚みで埋まるので必要ありません。

分かりにくいですよね、、、。

分かりにくいから業者がそこにつけこんで、本来は必要のないシーリング充填を勧めてくる場合があるのです。

話を元に戻します。

では今回のお客様がなぜシーリングの充填を勧められたのか?

上記事項を踏まえたうえで考えると、他社と差別化をするためにシーリングの充填を提案したという背景があるのかもしれません。

しかしまず私は、どうしてそれが必要なのかを業者に詳しくたずねてくださいとお伝えしました。

それと同時に今回私が書いた内容をお伝えして照らし合わせてみてくださいとお伝えしました。

あとは相談者様がサッシ周りにシーリングを充填する必要性があると納得できればやればいいと思いますし、反対にシーリングをする必要ないと感じたらしなければいいのです。

シーリングを充填することでのデメリットは費用面以外ありませんので施工後のトラブルは起きないと思います。

それでは最後におさらいします。

(1)モルタル構造の家の外壁を塗り替える際にサッシ周りのシーリングを新しく充填する必要は基本的にない。

(2)ハウスメーカーやビルダーの設計によって既にシーリングが充填されている場合は打ち替えや再充填を必要とするケースもある。

(3)モルタル構造の住宅でサッシとモルタル壁のすき間が広くなって雨漏りしそうな場合はシーリングを充填する必要がある。

(4) (2)(3)の状況ではないにもかかわらず業者からサッシ周りのシール充填を提案された場合は競合他社との差別化目的のためだけに提案されたのかもしれないので詳しく聞いて納得できればしないこと。

以上、一般的な在来モルタル住宅のサッシ周りのシーリングの必要性についてのお話でした。

 

 

高圧洗浄のノズルについて

外壁や屋根の塗装をする際に使う高圧洗浄のノズルには種類があることを
ご存知でしょうか。

多くの方はそのことを知らないと思いますので洗浄ガンのノズルについて簡単に
記述いたします。
洗浄方法は大まかに分けると4種類です。
リプルクリエイトでは洗浄する対象物の状態や場所に合わせてノズルを使い分けてます。
最も多く使用されるのが通称「ヒラ」と呼ばれるノズルで、この動画の中で使用されているものです。
他には「マル」や「トルネード」「フリー」というノズルがあるのですがトルネードが最も洗浄効果が高いノズルで、瓦の苔を落とすには最適です。

ただ、トルネードノズルで洗浄するとは下地を痛めたり傷んだ塗膜をえぐってしまう可能性があるため十分な注意が必要です。
あなたのおうちの壁に適した洗浄ノズルで洗浄してあげてくださいね。

地震、水害による地盤沈下で家が傾いた

水害に震災と最近色々ありますね。

家が傾いて外壁に大きなひび割れが出来た。
室内の床にボールを置いたらゴロゴロ転がるくらいだ。 ローンが始まったばかりなのに人生も傾いて終わり。
このように思われている方がいらっしゃるようです。

大きくて重たい家が傾いたら終わり?

いいえ
よほどでない限り家の傾きは直せるのであきらめることはありません。

業者選びに失敗して出費に泣くことはあるかもしれませんが、、、。

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.