1. HOME
  2. ブログ
  3. 笑顔の塗り替え講座

MENU

メニュー

笑顔の塗り替え講座

50社の中からイケてる塗装業者を見つける方法

こんにちは川岡です.

今回は
【これをするだけで業者選びにかける時間をぐっと減らせる3つのポイント】

についてお話ししたいと思います。

例えばあなたがこれから家の外壁塗装をすためにインターネットで業者探しをしたとしますよね?

そうするとずらりと検索結果が表示されると思います。

例えば「外壁塗装 広島」と入力して調べるとほんとうにたくさん出てきます。
なんだったらそれに釣られて上の方や下の方に広告もたくさん出てきます。

そしてそれを見たあなたは「なんじゃこの数は!」
と、うんざりすることになると思います。

なので今回はこのようにたくさんある塗装業者の中から良い塗装業者を見つける

ためにまずは絞り込んでいきましょうという主旨のお話しをします。

塗装業者選びをする際の3つのポイント。

まず1つ目のポイント

インターネットで検索したときに出てきた業者の中で感じが良いホームページを見つけたときに所在地がきちんとしているかを確認しましょう。
掘り下げて言いますと店舗や看板があるかどうかを確認することです。

例えば「外壁塗装 広島」とか「塗装 広島」などのキーワードでネット検索したときに表示されたホームページに気になるのがあった場合は、会社概要を見てみてください。
恐らくホームページのどこかに載っていると思います。
(載っていなければそもそもアウト)

そこには必ず住所が書いてありますので、その住所をコピーしてGoogleで検索してみて下さい。
そうすると右のほうに地図が出てきますのでそこをクリックしてみてください。
すると所在地を示す赤いポイントマークが出てきますので、その所在地をストリートビューなどで見てみてください。

よほど辺鄙なところではない限り建物の内外が出てくると思いますので、
そこにきちんと店舗や事務所があるかどうか確認してみましょう。

この時に表示された建物の所在地がアパートのどこかの部屋であるとかマンションの1室のようだとか、
あるいは畑にある物置が表示されていたら業者探しの対象から除外するか注意をして調べたほうがいいと思います。

そして2つ目のポイント
です。

ホームページの中に代表者の顔があるかどうかを確認してみてください。

これは先ほどお話しした所在地の確認と同じように意思表示のひとつになります。
意思表示と言うのは「私はお客様と向き合ってきちんとした工事をしますよ」とか「きちんとした会社を経営しています」といった意思表示です。

これがどうして大事なのかというと、例えば日ごろ大きな会社から塗装工事をもらっている塗装業者の場合は顔を出す必要はほぼないからです。

大手がお店に来ることもないのでお店を構える必要も看板も出す必要もありません。
ほとんどの場合業者が名刺を持って大手企業に営業に行くからそんなこと必要ないというか、やり方が全く違うからです。

何が言いたいのかと言うと日ごろから大きな会社から工事をもらっている業者は個人のお客様と向き合う必要がないので
わざわざお店を構えたりホームページに顔を出す必要もないのです。

つまり日ごろから一戸建て住宅に住んでいるエンドユーザーと向き合った工事をしていないから、住宅塗装にあまり慣れていない可能性があるということです。
日ごろからお客様と向き合ってないと言う事は、戸建て住宅の塗装に慣れてない可能性があります。

そして3つ目のポイント。
なのですが、これが1番大事かもしれません。

それはリフォームかし保険加盟しているかどうかです。

ホームページを見たときにリフォームかし保険に加盟しているかどうか見てみてください。

加盟している場合はリフォームかし保険の会社のバナーなりテキストがホームページのどこかに書いてあると思います。

リフォームかし保険というのは、簡単に言うと手抜き工事をした業者に塗り直しをお願いしたけど取り合ってもらえなかったり、業者が会社をたたんで逃げていたり、倒産していた時にその工事費用を賄ってくれるという保険です。

業者が発行する保証書は極端なことを言ってしまえばただの紙切れになる可能性があります。

外壁の塗装の剥がれを直してほしいと業者に訴えた時、ノラリクラリと逃げられたら終わりです。

しかし施工会社がリフォームかし保険を申請した場合は国が認めた公的機関がバックアップしていることになりますのでかなり安心です。

そしてリフォーム瑕疵保険は悪徳業者やいい加減な業者は加入できないので
、もしかし保険に加入していない場合は業者選びの対象から除外してもいいと思います

それでは最後におさらいします。

ここに文字を業者選びの3つのポイント。
ポイントその1、会社の所在地があるかということ。
ポイントその2、ホームページに代表者の顔があるかどうか。
ポイントその3、リフォームかし保険に加盟加入しているかどうか。

ぜひ業者選びの際の参考にしてみてください。
ゆっくり読んでいるお時間が無いかたはユーチューブにも同じ内容の動画がありますので「ながら聴き」してみてください。

外壁塗装の工程はコロコロ変わるって本当?

塗装工事は基本的に塗っていく順番というものががありまして、

それを日程に書き記した工程表というものがあるのですが、実は塗装工事の場合はこの工程表とはまったく違う順番で進むことがあるのです。

どうしてそのようなことになるのかと申しますと、例えばキッチンやお風呂のリフォーム工事の場合は最初にキッチンやお風呂を解体してその後設備や電気工事があって、

その後キッチンやお風呂を据えてそれからクロス工事などの仕上げ工事をして終わるのですが、この順番が変わることはありません。

しかし塗装工事の場合は塗料の乾燥時間や天候による変更が生じるのでこれが影響して工程が変わってしまうのです。

このことを掘り下げて申しますと、例えば今日の朝からお昼まで屋根の下塗りをしたとします。

そして次に上塗りをするのですが、このとき下塗りが乾いてない場合は上塗りをすることができません。

なのでそういう時は屋根に塗った下塗りが乾くまでボーッと待つわけにもいかないのため、窓のビニール養生をしてみたりその他の作業をしてを下塗りが乾くのを待つことになるのです。

その他にも屋根の下塗りをしたあとに壁の塗装をしながら時々屋根の状況を見ながら作業をして、屋根が乾いたら屋根に上って塗り始めたりするといった上手なやり方をする職人も居ます。

これは作業効率を上げるための工法なのですが、お客様からすると屋根をちょっと塗ったと思ったら今度は壁を塗り始めて、しばらくするとまた屋根に上がったりしているように見えるので意味が分からずに心配になるかもしれません。

しかしこのやり方はまったく間違っていない工法になるのです。

このことから工程表を提出し定期がないとして工程表を出さない業者もよくあります

当社でもおおむねの工事期間はお知らせしますが上記のような観点からあえて工程表をお渡しせずに毎日の作業の終わりに直接お客様にお伝えすることもございます。

「今日は屋根の下塗りをして壁の中塗りをしました」といった具合に。お客様に直接進捗を話したりすようにしています

ですのでこれから自宅の外壁塗装をしようと思われている方は業者からいただいた工程表通りに作業が進んでいなないと感じてもほとんどの場合は不安にならなくても大丈夫です。

どうしても不安な場合は職人に工事の進み具合を聞いてもいいかもしれません。

今日は工事の工程が今日は塗装工事の工程は変わることがよくあるということについてのお話でした 。

屋根塗装の調査の時に屋根に上がるのはナシ?アリ?

屋根の塗装をするときに業者に調査を依頼すると思うのですが、その際に屋根に上るのが普通なのかと言うご質問をいただきましたので、これについてお答えします。

結論から申しますと屋根の上はあまり上がらないほうがいいかもしれません。

というのは、古くなったセメントがわらは歩くだけで割れてしまうものがあるからです。

そして道路から屋根を見上げた歳に平べったく見えるカラーベストと呼ばれるスレート屋根材も、製造時期によって非常に割れ易いものがあるのでセメントがわらと同様に安易に上がるべきではないと考えます。

さらに最も屋根に当たらない方が良い理由の1つに、まだ工事をするかどうかわからないのに屋根に上って万が一瓦やカラーベスト屋根を割ったりした場合、賠償責任が生じてくるからです。

たとえば既に屋根の調査をしてもらう業者に塗装工事を依頼すると決めているのであれば良いとは思うのですが、
これからいくつかの業者に屋根塗装の調査や見積もりをしてもらう状況なのであればそれは破損という心配が出てくるので、
できれば高所撮影カメラやドローンなどを使用した調査が好ましいと思います。

5年くらい前までは屋根塗装の調査というと当然のようにハシゴをかけて屋根に上ってスタスタと歩いていたのですが、
近年はやはり割れた場合の責任問題が問われる時代になりましたので上がるべきではないと思います。

特に築30年とか長いあいだ雨や雪にさらされてきたセメントがわらは状況によって本当に踏むだけで簡単に割れてしまうことがあるのです。

カラーベスト屋根においてもアスベスト問題が起きた後に製造された改良型のカラーベストの中には先程のセメント瓦と同様に歩くだけでバリバリと割れるタイプのものがあるのです。

このことを知らずに梯子をかけていきなり歩くと簡単に割れてしまい割れたカラーベスト屋根はどうするのかと言う問題が生じてくることがあなたにも想像できると思います。

繰り返しになるのですが、今は屋根の調査をするときにすぐ屋根の上にに上がるのではなく先程のような機械を用いて調査するのが最適だということになるのです。

これがもし屋根の塗装ではなくガルバリウムのカバー工法をする場合は屋根に上って実測しなければいけないことがあるのですが、
その場合は事前に業者とお客様のあいだで万が一屋根材が割れたときのことを協議して決めておく必要があると思います。

屋根の調査をしたことで屋根材が割れたけど知らん顔されたなんてことにならないための予備知識ですね。

今回は屋根塗装の調査の際に屋根の上に上がるのが普通なのかというご質問へのご返答でした。

今はもう外壁の塗り替えサイクル15年の時代です

昔から「家の塗り替えは10年おき」と言われていましたが、いまはもう10年ごとの塗り替えは過去の話になりました。
なぜなら今の時代はスタンダードな塗料でも13~15年の耐久性を持つようにになったからです。

たとえば旧タイプのシリコン塗料だと10年~12年くらいで塗り替えが必要になっていましたが、新タイプのシリコンは13年~15年目で塗り替えるくらいでよくなったのです。

ただし、カラーベスト屋根の家で初めての塗り替えをする場合は築12~14年目を目安にしたほうがいいでしょうね。
なぜ12年目~14年目が塗り替えの目安なのかというと、カラーベストは10年目くらいから塗膜が劣化し始めて12年目あたりから防水効果を失い、次第に雨水が染み込むようになるからです。
そうして染み込んだ雨水が乾いてはまた濡れてと繰り返すうちに反り返り始めるのです。

だから反り返る前に塗るのがベストということになるのです。

ただ、12年目~14年目を過ぎたらもうダメというわけではありません。
実際の劣化状況を見たうえで最適な施工方法を考えればいいですし、カバー工法で30年ノーメンテナンスにするという選択肢もあります。

上の画像のようになるともう塗装では対処できませんが、反り返りが軽度なうちは塗装で保護することによって今後大きくなるであろう反り返りを抑止する効果があります。
だから私は築12年~13年目を目安に屋根を塗るのが屋根材を長持ちさせるコツだと思っています。

ここで一つ注意しないといけないことを言います。

概ね1999年から2008年までの間に建てられた家で、屋根にカラーベストが葺かれている家は注意してください。
どういうことかと申しますと、この期間に建った家の屋根には塗装が困難なものや塗装ができないものがあるからです。
そしてこれらの屋根を見極めることができない業者が塗装すると、最悪の場合屋根が割れて落ちたり塗装が剥がれたりします。

では今度は視点を外壁に変えてみましょう。

外壁のほうはモルタルやサイディング問わず、屋根と比べて傷みが少ない傾向にあります。
その理由は屋根のように雪が積もったり雨に打たれたり強烈な紫外線の直射はないからです。

この点から考えると外壁の塗装を12年目にやると少し早いように感じます。
しかしサイディングの外壁の場合はシーリングという防水材がパネルの継ぎ目に詰められていて、それが10年程度で劣化を始めます。

だから雨漏りする前にシーリングを詰め替えなければいけないのですが、この時に作業するための足場を組み立てる必要があるので一緒に外壁塗装もしたほうが経済的だということになります。
となると、新築から12年目~15年目に屋根と壁の塗り替えをするのが理想的だということになりますね。

外壁がモルタルの家の場合は恐らく触るとイガイガして痛い塗装がされていると思います。

イガイガ塗装の名前をシリンとかスキンというのですがこの塗装は防水効果が無くなるのが早いので同じく12年目~15年目で塗り替えておくのがいいですね。

他にもコテで塗りつけた模様になっている塗装とかいろいろあるのですが、これらもだいたいアクリルやシリコンなので12年目以降に塗り替え時期を迎えます。

ということで私が思っている理想の塗り替えサイクルは以下のようになります。

初めての塗り替え:築12~15年目の時に中品質~高品質の塗装をする(クリヤー塗装は別)

私自身は初回の塗り替えに耐久年数が18年以上の塗装をされるとかなりオトクな塗り替えペースになると考えています。

例えば35歳で家を購入して14年目で初めての塗り替えをしたとします。
この時耐久年数10年~12年の塗装をした場合は50代後半から60歳のころに再塗装しなければいけない計算になるのですが、初回で15年~18年の耐久性がある塗装をしていたら次のメンテナンスの時期は60代後半になるので精神的にも経済的にもそこそこゆとりがある時期なのではないかと思います。

さらに、初回の塗装で耐久年数25年~30年耐久性の塗装をした場合は、次の塗り替えをする頃には70代後半になるためもしかすると補修程度で済むかもしれませんし、次の世代にメンテナンスを譲るのもアリかもしれません。

さて、こんな感じで現代のペイント状況を考察するとおそらくこれからはハイグレードな塗装がスタンダードになってくると思います。
ハイグレードな塗料ってどんな塗料だと思いますか?

それは耐久年数が15年~30年の高機能塗料や遮熱機能を備えた無機シリコンやフッ素塗料のことです。
そしてこれらはスタンダードシリコンの倍以上の耐久性があるのですから使わない手はないですよね。

ちなみに弊社で一番人気の塗料は耐久年数最大18年のハイブリッドシリコンと耐久年数最大25年のハイブリッドフッ素です。

今後は耐久年数30年の塗料を取り扱うことになりましたので、さらにロングランでオトクな塗り替えプランをご提案できることになると思います。

ただ、耐久年数ばかりを打ち出した場合は、「耐久年数30年あるといっても付帯部がそんなにもたないじゃない?」と言われることもあるかと思います。

しかしリプルクリエイトでは付帯部に至るまでの超耐久対策を開発しているので問題ありません。
詳細はご商談の際にさせていただきますね。

ということで内容を振り返ります。

➀10年ごとのに塗り替えをする時代はもう終わった。
➁むしろ今はもう15年ごとの塗り替えがスタンダードの時代。
➂塗り替えサイクルを長くすることで大きなメリットが出てくるということ。
➃リプルクリエイトでは付帯部に至るまで耐久年数30年の塗り替えを安価でできるシステムを構築している。

という感じですね。

最後にひとこと。

あなたはそれでもまだ10年ごとの塗り替えを考えますか?

それではまた♪

基礎は塗ってもはがれるから塗らないほうがいい?

あなたは住宅の基礎という部分をご存じでしょうか。

私たちの世界では基礎という言葉は頻繁に耳にする言葉なので当たり前に分かっているのですが、基礎と言う言葉は建築用語になりますのでどの部分を示すのかわからないと思いますので説明いたします。

基礎とはこの部分になります。

簡単にいうと家の土台ですね。

その基礎なのですが、ときどきお客様から基礎の塗装をしたほうがいいのかといったご質問や、塗っても剥げるから塗らないほうがいいと聞いたがどうなのかといったご質問を受けることが多いので、塗装経験33年なりの回答をさせていただこうと思います。

まず基礎の塗装をしたほうが良いかどうかについてなのですが、基礎の塗装は状況によって塗装すればいいんじゃないかな?と思っています。

状況によって塗ればいいだなんてなんだからつっけんどんだなぁ

と思われるかもしれないので、私が塗ったほうが良いなと思うケースをお話ししますね。

個人的な見解で言いますと、基礎の表面を手のひらや指でなぞってみてパラパラと砂が落ちるようでしたら塗っておいてもいいかなと思います。

ただ、パラパラ落ちると言われても落ち方の認識が人によって変わると思うのでその判断基準をお話しします。

まず手のひらで基礎全体をこするように撫でてみて、明らかに砂がバラバラとたくさん落ちてきて素人目にも表面が傷んでるような気がするようなら塗っておいたほうが良いかもしれないなと思ってください。

反対にこすっても砂粒を数えることができるくらいしか落ちてこないようでしたら今塗るのではなく時期を改めて塗装してもいいのではないかなと思ってください。

次に、基礎は塗っても剥がれるから塗らないほうが良いのかというご質問ですが、お答えする前に基礎に塗装をする目的をお話しします。

これも私の経験による見解なのですが、私が基礎に塗装をする場合の目的は基礎に防水性を持たせるためということが多いです。
なので、塗った後に多少剥がれても構わないと思っています。

よほど手抜きをしない限りみっともないほど剥がれてくることはありませんから。

これを聞いて「剥がれてもいいなんてまた無責任な」と思ったあなたのために、

ここで基礎の基礎の構造からわかりやすくお話しします。

家の土台である基礎ですが、実は多くの人が基礎であると認識している部分は実は基礎ではなく基礎の表面に塗られたモルタル部分だということをご存じでしょうか。

家を建てる時はまず型枠と言うケースを作ってそこにコンクリートを流し込んで土台である基礎を作り、そこに柱や壁を建てて形にしていくのですが、ケースの中にコンクリートが流し込まれて作られた基礎のままだと見た目が悪いしなによりコンクリートが風化しやすくなります。

だからきれいにしましょうねといった感じで基礎の上にモルタルを塗って仕上げてるいのですが、多くの方は仕上げに塗られたモルタルの部分を基礎だと思い込んでいて、そこにヒビが入ると家が崩れるんじゃないかと心配される方もいるのですがまずそのような心配はいらないのでご安心ください。(基礎の構造によって例外もあります)

さいあく基礎にヒビが入って崩れてきたら左官さんに頼んで表面のモルタルを塗り直してもらえばいいという考え方もあります。

が、しかし!

基礎がボロボロになるまでには30年~40年の時間が必要になります。
つまり基礎にひびが入ったままの見た目が悪い状態が長く続くんですよね。

それにヒビの裏側にある基礎本体に水が回り込んでくるので良くない。

じゃぁっていうことでそれに左官さんに基礎の塗り替えを頼むと基礎を塗る価格の4倍くらいの費用が必要になる。

だったらそこに至る前に基礎の表面を保護しするお手入れしておきましょうね、というのが私が言う基礎の塗装に対する考え方です。
つまりは保護目的だから塗ったあとに多少剥がれてきても問題はないという論理になるわけなんですよね。

でも、そうはいってもやっぱり基礎の塗装が剥げているとみっともない。

そう思われるお客様が大半だったので弊社では一昔前は基礎の塗装をお勧めしませんでした。

しかし今は基礎専用のはがれにくい塗料が開発されているので、基礎のモルタルが傷み始めているのを見たらお客様に基礎塗装のご提案をしているという状況です。
※因みに弊社では状況に応じて4種類の基礎用塗料をご提案しております。

それではQ&A式にしたまとめです。

Q:基礎の塗装はしたほうが良いの?
A:してもしなくてもいいです。
Q:それはなぜ?
A:あなたが基礎だと認識しているのは基礎の表面に塗られているモルタルだから多少傷んでも問題ないのです。
Q:じゃぁ塗らなくてもいいってこと?
A:見た目が悪いままでも構わないならそのまま放置し続けて、ひどくなったら左官さんに頼んで表面のモルタルを塗り直してもらうと良いですよ。
Q:左官さんに頼んだらその分高額になるんじゃない?見た目が悪いのも嫌だし。
A:でしたら基礎の保護目的で塗っておくといいですよ。
Q:あ、でも塗ったと剥げたりしない?
A:剥げたら塗り直せばいいのです。
Q:ちょっと待って、基礎は塗らないほうが良いっていう意見もあるんだけどどう思いますか?
A:今は基礎専用の剥げにくい塗料があるからそれを塗ると良いですよ。

というわけで今回は基礎の塗装についてのお話しでした。