台風時期の塗装工事をどうするべきか – 広島で外壁塗装・屋根塗装するなら信頼のリプルクリエイトへおまかせください!
  1. HOME
  2. ブログ
  3. りぷるチャンネルで情報発信
  4. 【Youtube】外壁塗装でよくある質問:台風時期の塗装工事
 
りぷるチャンネルで情報発信

【Youtube】外壁塗装でよくある質問:台風時期の塗装工事

この時期になると必ず増えてくるご質問の中に、台風と外壁塗装のお話しがあります。
そこで今回は以下の内容についてお話ししました。

外壁塗装している時に台風が来たらどうする!?

今回は外壁の塗装工事をしている時に台風が来た場合どうするべきなのかについてYoutubeでお話ししました。

外壁塗装中に台風が来たら、被害を受けないためにするべきこと。

その1、工事を中止する。

工事を中止して、台風被害を受けないための準備をする必要があります。
足場上に何らかの部材が置いてある場合は全て階下に降ろして、飛ばないようにしなければなりません。

その2、足場シートを畳む

台風が来た時に飛散防止用の足場シートがそのままになっていると、シートが風を受けて足場が倒壊する恐れがあります。
これを防止するために足場のシートを畳むなど、適切な対策をする必要があります。

 

では、台風シーズンに外壁塗装をする場合はどうすれば良いのか?

簡単です。

前述の内容に基づいて台風対策をすればいいのです。

台風が発生したニュースを目にした段階で、毎日台風の動きを見ながら工事を進めて、いよいよ上陸しそうになった時は足場のシートを畳んで足場が倒れたり大きく揺れたりしないような準備をすればいいので。

そうすることでまず、台風による事故は起こらなくなります。

因みに毎年のように見かける足場倒壊の事故は、台風並みの猛烈な風が予測されているにも関わらず足場のシートをたたんでいなかったことがきっかけで発生しています。

塗装工事をしている時に台風が来そうになったら、足場のシートを畳んで足場点検をする。
たったこれだけで事故が防げます。

住宅の塗装において、台風が来ると分かっていて足場シートをたたまないような業者はいないと思うのですが、
もしあなたが台風時期に家の塗り替えをされるのであれば、台風が来た時の対策を確認されると良いでしょう。

というわけで今回は外壁塗装をしている時に台風が来たらどうするのか、というお話しでした。

それではまた!

関連記事

   

MENU

メニュー