外壁塗装格安コミコミパックなどのネット広告にご注意ください

外壁塗装工事の格安パック価格に注意しなければならない理由をお伝えします。

 

チラシやインターネットのサイトでよく見かける、全てコミコミ50万円などのパック価格の工事ですが。
結論から言うと、ほとんどの家はこの価格で塗装工事をする事はできません。

色々な条件
ご存じと思いますが家というものはさまざまな形や大きさがあって、それに応じて面積も変わります。

さらにはモルタル壁やサイディング壁という種類が加わるため通常であれば工事代金を50万円ポッキリなどパッケージ価格での提案はできません。
それをあえてパッケージ価格にすると、業者は安い工事をどんどん受注して少しでも利益を出さなくてはならないため家のことが二の次になる可能性が高くなります。
なにより怖いのは格安パック工事が始まると予測できなかった職人の手抜きやトラブルが発生する可能性が出てくる部分です。

なぜトラブルに発展することが多いのか?

 

これについて詳しく書いていきたいと思います。

外壁塗装工事の格安パック価格のネット広告に注意しなければならない理由その1、

業者が安売りをすればするほど泣くお客様が増える仕組みについてです。

一般的に会社組織というものは毎年少しでも売り上げを上げていく必要があるものなのですが、
家電製品の安売りキャンペーンと同じやりかたで塗装工事を売るとクレームが多発する傾向にあるのです。

「外壁塗装を50万円ポッキリ格安パックで売りますよ!期間限定ですよ、いらっしゃいませ!」
このようにやると確かに知合わせは増えるかもしれません。
しかし問い合わせや契約が増えた分だけ工事を担う職人に負担がかかります。
毎月3棟を丁寧に仕上げていた職人に対して5棟やれといった指示が入ります。
「格安キャンペーンで工事が増えたから頑張ってね」と言われます。

例えばあなたがこのキャンペーンをプランした上司の部下ならこの状況をどう思うでしょうか?
あなたののもとに営業マンが格安工事を大量に持ち込んできたのです。

「バンバン仕事を増やすよ!でも格安工事だから早く仕上げて!」と。

あなたは大量にある工事をこなすために施工の品質を落とさざるを得なくなるはずです。
だって理想論は置いておいて目の前の事実をなんとかしなければいけいなから。

このようにして外壁塗装を安売りをするほどトラブルやクレームの増加につながるのです。
だからあなたは格安パックに飛びつく前にこの知識を身に着けて失敗しないようにしなければならないのです。

 

外壁塗装工事の格安パック価格のネット広告に注意しなければならない理由その2、
どうして外壁塗装工事の格安パック料金に注意が必要なのか。

極端な話ですが、広島に建っていると北海道に建っている家が同じ立地条件にあると思いますか?
全く違いますよね。
構造が同じでも広島や北海道、または広島と沖縄では劣化の度合いが大幅に異なってくることが想像できると思います。

広島と沖縄は大げさかもしれませんが、例えば海のすぐそばにある家と海から離れた場所にある家の外壁や屋根が同じように劣化してくるとは思えませんよね?
海のそばにある家では潮風による塩害という劣化因子がありますが、丘に建てられた家では塩害による劣化の心配はほとんどありません。
このことからわかるように海のそばに建っている家の外壁は丘に建つ家よりかなり塗装の劣化が早くなるのです。

傷みが早いということは下地処理の方法もそれに合わせなければなりませんし、
長く持たせるなら塗料のグレードを丘に建っている家より高品質なものにする必要があります。

そして塗装は外壁だけとは限りません。
屋根もありますし、屋根の形状などによって足場が必要になったり塗装のやり方を変えなければならないのです。

このように少し想像しただけでこれだけの不安要素が出てくる家の塗り替え工事です。

コミコミパック料金でできるでしょうか?
仮にできたとして、傷みが激しい家に対して痛んでいない家と同じパック塗装で大丈夫だと思いますか?
答えは「いいえ」だと思います。

外壁塗装工事というのは聞くほど単純な工事ではありません。

やはりそこは、それぞれの家に応じたやり方を知っていただいたうえでプラン選びをしなければならない。

コミコミ1

「ただいま広島で外壁塗装のキャンペーン中なので半額でやります!」
「この地域のモニターになってくれたら塗料を無料でやります!」
「パック価格498,000円で塗装します!」
「本当は200万円のところ今回は130万円にします!」
「今日契約してくれたら20万円安くします!」
「安いよ安いよいらっしゃい!」

塗装工事の失敗は工事が始まってから訪れますので注意しましょうね。

全てはあなたの大切な家のために。