1. HOME
  2. ブログ
  3. 笑顔の塗り替え講座
  4. 外壁塗装で安易にパテを使用してはいけません

MENU

メニュー

笑顔の塗り替え講座

外壁塗装で安易にパテを使用してはいけません

外壁塗装を行う際に安易にパテを使用してはいけません。
パテの多くは水に弱く伸縮もしないので数年後に剥離を起こす可能性が高いからです。
例え外部用と明記されているパテでも上塗りされている塗膜の防水機能が無くなった時点から水分が浸透しはじめて
やがて塗膜ごと剥離を起こします。
下の画像は外部用パテを使用したお家で、塗装がはがれ始めてるというご相談を受けて調査にあがった時に撮影したものです。
%e5%a4%96%e5%a3%81%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%86%e3%81%ae%e5%89%a5%e9%9b%a2%e4%ba%8b%e4%be%8b
新築から10年目を過ぎてから剥離が出てきたとのことでしたが
恐らく8年を経過したあたりからすでに層間剥離を起こしていたと思われます。

雨水がかかる場所にパテの使用はお勧めしません。
特にケイカル素材の破風などに使用すると必ず剥離を起こしますので要注意です。

もしどうしても外壁や破風にパテを使用するのであれば、剥離しない実績があるものを使用しましょう。

関連記事