広島で外壁塗装をするならリプルクリエイト

お気軽にお問い合わせください。【受付時間】8:30~19:00

塗装の専門家として広島で年!!

「家族」と「お家」、そして「笑顔」を大切にする塗装会社です。
私たちの会社には営業マンがいません。
塗装の専門家が直接、丁寧に「診断」「お見積り」をさせていただきます。

笑顔の塗り替え講座

シリコンとラジカルシリコンの違いについて

シリコン塗装とラジカルシリコン塗装の違いとどちらを選ぶといいのか教えてくださいというお客様からのご質問が時々あるのでお話しします。

まず正しくはラジカルシリコンではなくラジカル制御型シリコンという分類になります。

この時点で恐らく業者以外の方は頭にハテナマークが浮かんできましたよね?

「ラジカルシリコンはラジカル制御シリコン?」といった感じに、、、。

このことをここで詳しく書くと非常に長くなるので割愛して、分かりやすくラジカルシリコンと書かせていただきます。

さて、まずラジカルシリコンを簡単に説明しますね。

簡単に言うと今までだと10年経過した外壁を触ると手に色が付いていたのが、研究と開発によって10年過ぎても手に色が付きにくくなった塗料のことです。
画期的な開発ですよね。

しかも価格の方はスタンダードなシリコンと大差ありません。

ですので従来通りのシリコン塗装をするのであれば、もう数万円を出してラジカルシリコンを塗ったほうが良いですよということになります。

現在発売されているラジカルシリコンの代表的な商品としてはSK科研のプレミアムシリコンや日本ペイントのパーフェクトトップ、
関西ペイントのアレスダイナミックトップそしてキクスイのロイヤルシリコンなどがこれに該当します。

さて、このようにグレードがあるシリコン塗料ですが実はさらに進化したシリコン塗料があることをご存じでしょうか?

まず初期のシリコン塗料から順を追ってお話しします。

商品名でいうとSK科研のセラミシリコンや日本ペイントの水性シリコンセラUVなどがこれに該当します。

いまから約25年前の私が24、25歳くらいの頃にこれらのシリコン塗料が多く使われるようになってきました。

そして次に出てきたのが前述のラジカルシリコンになります。
プレミアムシリコンやパーフェクトトップなどのスタンダードシリコンで、いまから4~5年前から徐々に使われるようになってきました。

そしていま、ラジカルシリコンを超越した別次元のシリコンの需要が伸びてきているのです。

それが無機ハイブリッドシリコン。
リプルクリエイトではアステックペイントのリファイン1000SI-IRがこれに該当します。

では無機ハイブリッドシリコンとはどんな塗料なのか。

それは従来のシリコンの1,5倍から約2倍の耐久性があり、遮熱性能や超低汚染性能をそなえた最新型の多機能シリコン塗料のことです。

これが今、塗料品質や耐久年数を求めるお客様の間でグングン伸びてきているのです。

従来通りのシリコン塗料とラジカルシリコンの違いを含めたシリコン塗装全体のお話でした。

というわけで、この話とは少し内容が異なりますが現在主流の塗料について私がYouTubeで語っていますので時間がある方はご覧になってみてください。
▼クリックで別窓が開きます(音量注意)▼

ページトップへ

Copyright 2013 有限会社リプルクリエイト All rights reserved.