1. HOME
  2. ブログ
  3. 笑顔の塗り替え講座
  4. 外壁塗装やリフォームするなら、施工事例や注意点を確認しよう!

MENU

メニュー

笑顔の塗り替え講座

外壁塗装やリフォームするなら、施工事例や注意点を確認しよう!


住宅は、築年数が経過することによって、外壁や屋根が劣化してしまいます。劣化したまま放置してしまうと、住宅の寿命を縮めることになってしまうため、適切なタイミングでメンテナンスを行わなければいけません。セルフでメンテナンスできる部分もありますが、それでは間に合わない部分もあります。

そこで今回は、外壁塗装やリフォームの施工事例や完了までの流れ、知っておきたい注意点などについてご紹介します。広島県の事例をピックアップしてご紹介するので、広島県内で外壁塗装やリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装・リフォームの施工内容


広島県内には、外壁塗装やリフォームを行っている業者がいくつもあります。それらの業者に依頼できる施工内容にはどのようなものがあるのか知りたいと思う人も多いでしょう。そこでまずは、施工内容からご紹介します。

コーキング打ち替えと外壁塗装

まずは足場を建設し、外壁を高圧洗浄機で水洗いしていきます。長年積み重ねた汚れやコケをしっかりと落とすことによって、新たな塗装が定着しやすくなるのです。また、余分なところに塗料がついてしまわないように丁寧に養生も行い、コーキングの打ち替えを行います。

コーキングは、施工を行う中でできてしまう隙間を埋めるために使うものです。住宅の気密性や防水性を高めるという目的があります。リフォーム前もコーキングがされていますが、劣化してしまうと気密性や防水性も衰えてしまうため、塗装を行う時に新しいコーキングに打ち替えます。

その後、下塗り、中塗りを行い、仕上げ塗りをしていくという流れです。雨樋も丁寧に塗装します。

シーリング打ち替えと外壁塗装

外壁塗装やリフォーム業者の施工事例の中には、シーリングという言葉もでてきます。シーリングは、コーキングと同じような役割を持っていて、建築現場では同じ意味として使われることが多いです。厳密な決まりもないため、この2つは同じ意味だと思っておいて問題ありません。

そのため、シーリング打ち替えと外壁塗装を行う施工事例の基本的な流れはコーキング打ち替えと外壁塗装と同じです。外壁の劣化が気になってきたタイミングでシーリングの打ち替えも合わせて行うケースが多いです。

外壁塗装と屋根塗装

外壁が劣化しているということは、より紫外線を多く浴びる屋根も劣化している可能性が高いです。そのため、外壁塗装だけではなく屋根塗装も合わせて行うケースが多く見られます。外壁と屋根を合わせて行うことで、その後のメンテナンスのサイクルも把握しやすくなるというメリットがあるので、可能であれば合わせて行った方が良いと考える業者も少なくありません。

外壁の色合いは好みに応じて変えることができ、艶なしか艶ありかを選択できる場合もあります。屋根と共に塗り替える場合は家全体のイメージを変えることになるため、どのような色合いにするかきちんと話し合うようことが重要です。

外壁塗装・リフォームが完了するまでの流れ

外壁塗装やリフォームを検討している人の中には、どのような流れで進んでいくのか知っておきたいという人もいるでしょう。続いては、外壁塗装・リフォームが完了するまでの流れについてご紹介します。

依頼をする

外壁塗装やリフォームをお願いしたいと思ったら、まずは気になる業者に電話やメールなどで問い合わせます。問い合わせをすると担当者から折り返し連絡があり、現地調査を行ったり、見積もりを出したりします。夜間や日曜日以外は仕事で忙しいという場合でも対応してくれる業者はあるので、問い合わせの時にその旨も伝えるようにしましょう。

見積もりを確認し手納得することができたら契約となります。(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの契約書などを使って契約していれば、口約束でのトラブルを防げるので、きちんと契約書を交わしてくれる業者を選びましょう。

工事を進める

契約をしたら工事が始まります。工事前には近隣へのあいさつをしたり、工事中の注意点について伝えたりします。近隣へのあいさつに関しては、施主が同行しなければいけないケースもあるので要確認です。

工事が始まったら、まずは足場を組み立て、飛散防止シートを設置します。高圧洗浄機で外壁や屋根の汚れを落としていき、下地の調整や補修などを行います。必要な部分に養生したら、塗装開始です。

屋根塗装と外壁塗装、雨樋などの塗装を行ったら、養生を撤去します。その後、細かい部分を確認し、数人の職人がダメ出しを行うのです。そうすることで、より確実な仕上がりになります。

全ての工程が完了したら足場を解体します。足場を解体したら、清掃を行い、仕上がりに満足出来たら引き渡しです。

アフターフォローをする

外壁塗装やリフォームが終わったら、それで業者の仕事が終わりというわけではありません。保証書や証明書が発行され、保証期間中に何らかの不具合があった場合は無償で補修を行います。外壁塗装だけではなく各種リフォームができる業者だと、外壁塗装をきっかけに他の部分のリフォームも依頼するというケースもあります。

外壁塗装・リフォームをする際に知っておきたい注意点


外壁塗装や屋根塗装は、住宅の寿命を延ばすために重要なリフォームです。だからこそ、適切な施工を行う業者を選ばなければいけません。そこで最後に、外壁塗装・リフォームをする際に知っておきたい注意点についてみていきましょう。

外壁塗装やリフォームは定価が存在していない

外壁塗装や屋根塗装といった塗装工事には、定価というものが存在していません。使用する塗料や職人の人数、足場の設置・解体にかかる費用など以外にも、業者によって違う諸経費が含まれるからです。

どのような塗料を使っているのか、足場の設置や解体にはどのくらいの費用が掛かるのか、諸経費はどのくらいなのかといった点について、きちんと説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。そのような業者であれば、納得した上で塗装工事が行えます。

不安を煽るような業者は避ける

外壁塗装やリフォームを行っている業者の中には、不安を煽るような言葉を伝えてくる業者もいます。例えば、「外壁がもうボロボロなのですぐに工事を始めないと雨漏りなどが起きてさらにお金がかかりますよ」などです。そのように言われてしまうとすぐに契約しなければいけないと思ってしまうものですが、外壁の劣化が家の倒壊などを招くケースはほぼありません。

もしもそのように言われた場合は、他の塗装業者にも相談し、どうすべきなのかじっくりと考えるようにしましょう。

資格を保有しているスタッフが在籍しているか確認する

外壁塗装は、資格を持っていなくてもできる仕事です。しかし、資格を持っている人が多く在籍している塗装業者の方が安心して任せられるでしょう。そのため、ホームページを確認して資格を持つスタッフがいるか確認してみてください。

リプルクリエイトのように有機溶剤取扱い主任者や塗装技能士、シーリング技能士、酸素欠乏危険作業主任者、サイディング塗り替え診断士、外壁診断士、色彩士、足場組立作業主任者などの資格を持っているスタッフが在籍している場合は安心して依頼できる業者だと言えます。このような資格は、知識や技術を持っていることを証明するものなので、的確な提案や丁寧な施工をしてもらえるからです。

外壁塗装を検討しているなら専門業者へ相談しよう

外壁塗装や屋根塗装は、住宅の寿命を延ばすためにとても重要なメンテナンスです。そのため、信頼できる業者に依頼したいと思うものです。信頼できる業者かどうか見極めるためには、外壁塗装・リフォームをする際に知っておきたい注意点について知っておくと良いでしょう。

もしも、広島県内で外壁塗装やリフォームを検討しているのであれば、リプルクリエイトへお気軽にご相談ください。外壁塗装を行う際のお役に立てるようにアドバイスをさせていただきます。

関連記事