1. HOME
  2. ブログ
  3. 笑顔の塗り替え講座
  4. 広島で外壁塗装を行うならどの時期がおすすめ?

MENU

メニュー

笑顔の塗り替え講座

広島で外壁塗装を行うならどの時期がおすすめ?


外壁塗装は住宅のメンテナンスで大切な役割を担っています。「まだまだ先の話」「いつかやろう」なんてのんびり構えていると大がかりな改修工事が必要なほど住宅が傷んでしまう場合もあります。
しかし、外壁塗装工事を行うとなるとどのタイミングで外壁塗装に踏み切ったらいいのか、季節によって違いがあるのかなど、不安に思うこともあるでしょう。そこで今回は、外壁塗装工事が行える気候条件や、季節による違い、工事に踏み切るタイミングの見極め方法などをまとめてご紹介します。

外壁塗装工事に好ましい気候条件とは?


外壁塗装工事とは住宅の壁に塗料を塗っていく作業なので、塗料が乾きやすい気候が好ましいです。具体的には湿度が75%以下で気温が15~30℃前後の晴れから曇り空、という条件だと工事がスムーズに進められます。

逆に湿度が85%以上や、気温が5℃以下になると塗料が乾きにくくなるので工事が遅れるだけでなく、仕上がりにムラができたり、塗料の強度が下がったりしてしまうのであまりおすすめできません。スケジュールの都合でどうしても時期をずらせない場合は業者とよく相談して工事を進めましょう。

外壁塗装工事に適した時期は?


では、広島で外壁塗装を行う場合に適した時期はいつなのか、季節を追って見ていきましょう。

3~5月

広島の春は気温が高く、雨も少ないので外壁塗装に適した季節です。さらに、湿度が上がる梅雨前に済ませてしまおうという人が多いため、とても混雑します。この時期に外壁塗装を検討している場合は早めに申し込んだ方がいいでしょう。

梅雨

晴れ間が少なく、湿度も上がる梅雨の時期は外壁塗装にはあまり向いていません。しかし、時間をかければ塗料はきちんと乾くので、事情により梅雨時期にしか外壁塗装工事ができない場合は業者とよく打ち合わせをしながらスケジュールの調整を行うといいでしょう。

8~9月

梅雨が明けた夏場は湿度も低く、外壁塗装工事には適した季節ですが、気温が高くなるため注意が必要です。外壁塗装工事では塗料飛散防止のため窓を覆うので、工事中は窓の開閉ができません。洗濯物が干せない、換気ができないといった不便さがあることをあらかじめ考慮しておいた方がいいでしょう。
また、気温が上がり過ぎて職人の作業時間が減ってしまったり、台風の影響で日程が延びてしまう場合があります。

10~11月

広島の秋は春と同様に外壁塗装に適した季節です。外壁塗装に関するイベントやキャンペーン活動も活発で、とても混雑する時期です。秋に外壁塗装工事を検討している人は早めに動き出さないと予約が埋まってしまい、意中の業者に依頼できない可能性もあります。
全体的に気候の良い季節ではありますが秋にも台風は発生するので日程が延びてしまう可能性も頭に入れておくといいでしょう。

12~2月

広島の冬は雨も少なく工事がしやすいですが、気温が下がると結露や霜など、冬特有の問題も発生します。また、塗料が乾くまでに時間がかかるため、工事が遅れがちです。ただし、工事件数自体が少ないため、人気の高い業者を選べるなどのメリットもあります。

外壁塗装時期の見極め方法


住宅の外壁はどのタイミングで塗り替えるのがいいのでしょうか?ここでは外壁塗装時期の見極め方法をご紹介します。

触ると手に粉がつく

日当たりのいい外壁を手のひらで軽くこすった時に、手に粉がついたら外壁塗装の時期がきています。これは紫外線によって塗料の膜が劣化し、顔料がむき出しになっているためで、とても無防備な状態といえます。他にも、外壁に霧吹きで水をかけると弾かずに染み込んでしまう場合も塗料の膜が機能していません。放っておくと雨水が内部まで染み込んでしまい、外壁材自体の劣化や破損につながるので早めの工事が必要です。

塗装が浮いている・はがれている

外壁の表面が膨らんで浮いている時は内部で腐食が始まっています。放っておくと下地の腐朽が進んでしまうので早急な外壁塗装工事が必要です。
また、塗装がはがれ落ちている場合は下地がむき出しになってしまっているので早めに工事を検討しましょう。

外壁にひびが入っている

外壁にひび割れがあるとそこから雨水が入り込み、建材まで染み込んで腐食してしまう恐れがあります。放っておくと外壁の塗り替えだけでは済まず、大がかりな改修工事が必要になる場合もあるので早めに業者に見てもらいましょう。

外壁の継ぎ目が劣化している

外壁材にサンディングボードなどの外壁パネルを使用している場合は、雨水が入り込まないようにゴムのようなコーキング材で継ぎ目をふさいでいます。しかし、このコーキング材は紫外線で劣化しやすい特性があり、定期的なふさぎ直しが必要です。

コーキング材が劣化し、固くなってはがれてしまったり、抜け落ちてしまったりすると継ぎ目から雨水が入り込んでしまいます。雨水を含んだ外壁パネルは膨張と乾燥を繰り返し、割れや反りが起きて取り換え工事が必要になることもありますが、早めに対処できればコーキング材の塗り直しだけで済む場合もあるので日ごろからこまめなチェックが大切です。

外壁にコケやカビが生えている

外壁に黒や緑色の汚れが付着している場合、コケやカビである可能性が高いです。放っておくと繁殖し続け、下地にまで影響を及ぼすので早めの対処が必要です。日当たりの悪い場所だけでなく、近隣に林や川があり湿気の多い立地だと新築後数年で発生する場合もあります。湿気に強い塗料などもあるので業者とよく相談して対策を取りましょう。

外壁塗装工事で気をつけたいポイント


特別な事情でもない限り、梅雨時期や真夏・真冬といった時期の外壁塗装工事をすすめてくる業者はいません。ところが、悪質業者の場合は外壁の仕上がりなどどうでもいいのでお構いなしにすすめてきます。さらに天候が悪くても工事を続け、外壁に不具合が生じてもアフターフォローをしてくれなかったり、別途料金を請求してきたりする場合が多いです。

また、住宅の壁に塗料を塗る外壁塗装工事では思いがけず塗料が飛散してしまう恐れがあり、近隣住宅の外壁や車に覆いを付けさせてもらうなどの配慮が必要です。また、音や匂いといった目に見えない迷惑をかける場合もあります。基本的に、近隣へのあいさつや説明は業者が行いますが、悪質な業者はそんなことはしてくれません。事前説明やあいさつもなく突然工事を始めて近隣住民とトラブルを起こしてしまう可能性もあります。

そんな失敗を防ぐには地元のお客様を大切にしている地域密着型の外壁塗装業者を選ぶ必要があります。「外壁塗装業者なんてどこも同じ」などと思わずに地域で着実に実績を残している業者を選びましょう。

まとめ

今回は、外壁塗装工事が行える気候条件や、季節による違い、工事に踏み切るタイミングの見極め方法などをまとめてご紹介しました。外壁塗装の劣化は住宅の裏手や2階部分などは自分で確認することが難しい場合もあります。

また、外壁は誰からも見られるため、外壁塗装業者には悪質業者が多く存在していると言われています。リプルクリエイトではお客様の住宅をしっかりチェックし、状況に合った適切な外壁塗装工事を実施しています。広島で外壁塗装工事をご検討の場合はリプルクリエイトまでお気軽にご相談ください。

関連記事