1. HOME
  2. ブログ
  3. 笑顔の塗り替え講座
  4. 広島の外壁塗装で使える助成金とは?

MENU

メニュー

笑顔の塗り替え講座

広島の外壁塗装で使える助成金とは?

少しでも費用の負担を減らして外壁塗装をしたいと考える方は多いでしょう。自治体ごとに住宅に関する助成金があるので、それを使ってお得に外壁塗装を済ませたいと考えるかたもいるはずです。

そこで今回は、広島で外壁塗装をする際に助成金が使えるのかどうかを解説します。助成金の基礎知識や広島で出る助成金、工事費を安くする方法についてもまとめているので、外壁塗装を検討されている方は参考にしてみてください。

そもそも助成金とは


助成金とは、特定の条件を満たした時に自分が住む場所の自治体や国が費用を支援してくれる制度です。色々な種類の助成金がありますが、住宅に関する助成金も自治体ごとに色々あります。まずは、助成金の基本的な部分からご紹介しましょう。

補助金との違い

自治体では助成金とは別に補助金制度を設けている場合があります。どちらもお金の負担を軽減できる制度で、融資ではないため返済が不要という点は共通です。しかし、やや異なる点もあります。

助成金は特定の条件を満たしていると受け取れます。一方、補助金は審査があり、合格者だけが受給される仕組みです。そのため、助成金と比べて審査の条件は高く、その分支給額も多い傾向にあります。

支給額や条件などは自治体によって異なる

助成金はそれぞれの自治体が独自にやっているものなので、支給額も適用条件も異なります。同じ広島県内でも、市が違えば使える助成金は違う上の、申請地域への居住が対象条件となるので注意しましょう。

一般的に定められている条件

細かい条件は助成金の内容によって違いますが、多くの制度で共通する条件があります。その条件は次の通りです。

・過去に助成金を受けていない
過去に自治体で助成金を受けている場合は、適用外になる可能性があります。

・税金をしっかり納税している
過去に税金を滞納している場合は助成金を受けられないことが多いです。家主だけではく、世帯の誰かに滞納がある場合も認められない可能性があります。

・申請地域の業者に依頼をする
外壁塗装の施工依頼をした業者の拠点、もしくは個人事業主の居住が申請地域にあることも条件にしているケースがあります。特定の業者でないと適用外になる場合もあるので気を付けましょう。

・建築基準法に適した住宅
建築基準法に違反するような建築物や増改築などを行っている場合は助成金の対象外です。

申し込みのタイミングや期限、適用件数に注意

助成金の申し込みは施工前にしなければなりません。助成金自体を受け取るタイミングは、工事が終わった後となります。そのため、施工が終わった後に申請しても受け取れません。

また、助成金にはそれぞれ申込期限があります。さらに、制度を適用できる件数に上限が設定されている場合もあり、すでに上限に達していると期限内でも申請できません。外壁塗装で助成金を使うのであれば、期間や件数上限もよく確認しておく必要があります。

広島での外壁塗装工事で助成金は出る?


助成金を使えばなかなか高額になる外壁塗装の工事費の負担を軽減できます。それでは、広島ではどのような助成金が使えるのか見ていきましょう。

広島では外壁塗装に特化した助成金はない

現時点で、外壁塗装や屋根塗装に関する助成金は広島県内では存在しません。そのため、外壁塗装をするだけで助成金は使えないので注意してください。

ただし、特定のリフォームを行う際に外壁塗装工事も実施する時は助成金の対象となる可能性があります。

外壁塗装工事で使える助成金の種類

外壁塗装工事で使える助成金には、エコリフォームや省エネリフォーム、耐震リフォームに適用されるものがあります。外壁塗装だけの工事では使えませんが、特定の目的でリフォームする際に、工事内容の一つとして含む場合は助成金が使える可能性があるでしょう。

・エコリフォームや省エネリフォーム
エコリフォームや省エネリフォームとは、環境に優しい素材の使用やエネルギーの消費を削減に貢献するような設備などを導入するリフォームです。エコリフォームの一環として、遮熱塗料や断熱塗料を使用する工事を行った場合は助成金の条件に当てはまる可能性があります。

・耐震リフォーム
現行の耐震基準を満たしていない住宅に対して行われるリフォームです。ここでも耐震強化として外壁や屋根の張り替えや塗装を行った時は助成金が使える可能性があります。

外壁塗装で利用できる助成金・補助金制度

現時点で広島県内には外壁工事も含めた住宅リフォームに関する助成金制度を設けている自治体もあります。その例をご紹介しましょう。

・府中町子育てあんしん住宅リフォーム支援事業
妊婦が住む世帯から中学3年生までの子どもがいる世帯を対象に、住宅リフォーム費用の一部が補助される制度です。対象となるのは一戸建てなので、マンションは対象となりません。

主に子育てや子どもの安全性、成長に合わせて適したリフォームをする際に適用されます。子育てのステージ変化の伴う改修工事では、間取りの変更や水回りの変更などと一緒に、外壁の塗り替えや吹き替え工事も適用対象となっています。助成金の金額はリフォーム費用の23%で、30万円が上限です。

・広島市子育て世帯住替え促進リフォーム費補助事業
広島市内で空き屋の持ち主が小学生以下の子どもがいる世帯に賃貸する、もしくは空き家に子育て世代が入居すること理由にリフォーム工事を実施すると、リフォーム費の一部を負担してくれる制度です。リフォーム費用のうち2分の1が支給され、上限は50万円としています。

この制度は、子育て世代の住替えを促す目的で設けられました。対象となる工事や水回りや内外装の改修となっているので、外壁塗装工事も含まれます。ただし、住替えの対象となるのは特定の住宅団地です。

この他にも広島では高齢者向けの住宅リフォームに適用できる助成金・補助金制度などがあるので、お住まいの自治体で実施される制度を確認してみてください。

外壁塗装の費用を抑えるポイント

外壁塗装の費用は高くつきますが、工夫次第で費用の負担軽減は可能です。

使う塗料を見直す

外壁塗装の費用には色々な内訳がありますが、調節しやすい部分は塗料です。塗料には色々な種類があり、グレードも違います。グレードが高い塗料は耐用年数が長く、機能性にも優れている分、高くなりやすいです。そのため、費用が高いと感じたらグレードを下げるのも一つの手です。

ただし、耐用年数があまりに短いとこまめな塗り替えが必要となるので、ランニングコスト的にはあまりよくありません。しかし、無理に高いグレードを選んでも金銭的な負担が大きいので、将来的なことも考えつつ、今無理なく支払える予算で塗料を選んだ方が満足度は大きくなります。

外壁塗装は定期的に行う

外壁塗装は10年1度が目安です。塗料によって塗り替えのタイミングは異なりますが、定期的に行った方がコスト的にはお得です。

劣化した外壁の塗膜をそのまま放置すると外壁の不具合はどんどん進行し、外壁リフォームも大掛かりなものとなります。外壁塗装以外に補修や補強など必要な工事が増えれば増えるほど、その分費用もかさんでしまうのです。定期的にメンテナンスを行い、大掛かりな工事が必要になる前にケアすることも、費用の削減につながります。

助成金を誘い込んでくる業者は悪質の可能性大

「助成金が使える」と広告を出す外壁塗装業者には注意してください。残念ながら外壁塗装に特化した助成金は広島には現時点でないので、利用できると誘い込んでくる業者は悪質である可能性があります。

悪質な業者は実際に支払う金額が相場よりも高かったり、工事が不十分だったりする恐れがあります。嘘を言ってまで誘い込んでくる時点で、誠実な対応には期待できないでしょう。本当に助成金が使えるのか自治体のホームページで確認した上で、外壁塗装業者に相談してください。

リプルクリエイトでは助成金や補助金の情報は正確にお伝えしているので、安心して外壁塗装工事をご相談いただけます。また、元請け塗装店なので現地調査から塗料の発注、施工、保証まで自社で全て管理しています。余計な中間マージンをかけていないので、価格に見合った外壁塗装を実現いたします。

関連記事