1. HOME
  2. ブログ
  3. 笑顔の塗り替え講座
  4. 広島市佐伯区で外壁塗装・屋根塗装をするならリプルクリエイトにおまかせ

MENU

メニュー

笑顔の塗り替え講座

広島市佐伯区で外壁塗装・屋根塗装をするならリプルクリエイトにおまかせ

外壁塗装や屋根塗装には耐用年数があるため、建物を綺麗に保つためには定期的なメンテナンスが必要です。広島市佐伯区にお住いの方で外壁塗装や屋根塗装を検討しているリプルクリエイトにおまかせください

中にはまだ不要にも関わらず無理やり外壁塗装や屋根塗装を契約させる悪徳業者も存在します。トラブルに巻き込まれないためにもリプルクリエイトが、外壁塗装や屋根塗装の適切なタイミングをご紹介していきましょう。

外壁塗装のタイミング

塗装の種類にもよりますが、外壁塗装には耐用年数があり長くて10~20年スパンで良いものもあれば、3~4年ごとに塗装しなければならないものもあります。この耐用年数を見誤ってしまうと、外壁に申告なダメージを与えてしまい、結果として高額な修復費用がかかってしまうこともあるのです。

では、そもそも耐用年数とは何なのでしょうか。耐用年数とは使える予定年数のことですが、外壁塗装の場合は大きく2つに分けられます。一つ目は塗料の耐用年数であり、各塗料メーカーが自分たちの塗料は何年間耐久性を保てるかを出しています。二つ目は建物の耐用年数であり、建築材事の建物の寿命を出しているもので、国税庁が発表しています。

屋根塗装のタイミング

なかなか普段屋根を見ることはできないため、劣化に気づきにくいかもしれませんが、屋根塗装も同じように塗料によって塗装のタイミングが多少異なりますが、基本的には前回の塗装から10年程度で塗装するのが良いでしょう。中には15~20年耐用年数のある塗料もありますが、前回の屋根塗装が10年以上前だったり、新築だったりした場合には、使用されていた塗料が何だったのかわからないことが多いです。

プロでも見ただけではどの塗料が使われていたのか知るのは困難ですので、使用された塗料がわかっている場合以外では、10年を目安に屋根を塗り替えると安心です。どうしても使用した塗料が知りたければ、業者に依頼することも可能ですが、耐用年数の調査をするくらいならば劣化具合を確認し、適切なタイミングを判断するのが良いのではないかと思われます。

なぜ10年が塗装の目安なのか

塗料の耐用年数から10年ほどで塗装するのが良いと言われています。これは日本の住宅の約8割は窯業系サイディングボードが占めているためです。この窯業系サイディングボードは主成分がセメントでできているため、防水性能がありません。

そのため、塗装で防水性を持たせていますが、多くの場合その防水性も5~7年で切れてしまうのです。その他の外壁材もほとんどが同じような年数で防水性が失われてしまうため、目安として10年に1回の塗装が良いと言われています。

そもそもなぜ塗装が必要なのかですが、一つ目は建物を綺麗に保つためです。外壁や屋根は毎日雨風や紫外線に晒されているため、色あせや汚れなど日々劣化しています。しかし塗装することによって劣化していた外壁を綺麗にすることができるのです。
また、以前とは違ったデザインにすることも可能なので、この機会にイメージチェンジに挑戦してみてはいかがでしょうか。

二つ目は紫外線や雨風から外壁を保護するためです。定期的にメンテナンスすることで、建物の耐久性を高めることができます。その結果、劣化の原因から建物を守ることができるのです。

塗装を行うべき劣化のサイン

メンテナンスをしないでいると建物はどうなってしまうのでしょうか。防水性が無くなってしまうと、雨漏りにつながる恐れがあり外壁材だけでなく建物の構造体も劣化してしまいます。それでも放置していると、もはや外壁塗装だけでは済まなくなり、建物の建て替えにまで発展してしまう可能性があるのです。ここで、塗装するべき劣化のサインを紹介します。

・外壁の色あせ
劣化進行度はまだ低いですが、以前より外壁が色あせしている場合には、そろそろ塗り替えを検討したほうが良いかもしれません。色あせは外壁の塗膜の劣化が始まっているサインでもあります。すぐに行う必要はありませんが、今後塗装したほうが良いとする目安の一つになります。

・チョーキング
色あせより劣化進行度は少し高くなります。外壁に触ったときに、手に白い粉がついた経験はありますか?実はこの現象をチョーキングと呼びます。

紫外線や日光、雨風が原因で塗装が劣化することによって起こります。このチョーキングを放っておくと、外壁のひび割れやカビにつながる恐れがあるので、早めにメンテナンスをする必要があります。

ここからは、劣化進行度の高い3つの症状を紹介します。

・塗膜剝離
劣化によって外壁塗膜が膨れていたり剥がれていたりするのを放置しておくと外壁の内部まで雨水が入り込んでしまい、ひび割れなどを引き起こす原因となります。

・ひびわれ
外壁のひび割れを放置していると、そこからどんどん雨水が入り込んでしまうため、外壁だけでなく建物全体に影響を及ぼす恐れがあります。またひび割れの幅が0.3mm以上の場合は一刻も早くメンテナンスが必要です。

・シーリング材の劣化
窓のサッシ周りやサイディングボードの継ぎ目などシーリング材が劣化し亀裂が生じることがあります。これらの場合には目地部分からの雨水が入り込むのを防ぐため処置が必要になります。

このようにすぐに対策が必要でないものから、建物の構造に問題を引き起こすものまでさまざまなサインがあります。自分で判断が難しい場合には、一度リプルクリエイトにご相談ください。プロの目から、メンテナンスが必要かどうかを判断させていただきます。

塗装におすすめの時期

以前は春(3~5月)と秋(9~11月)が外壁塗装に適した季節でした。なぜなら塗料の乾燥が遅かったため空気が乾燥している時期を選ぶ必要があったためです。しかし今は塗料の機能が大きく進化したのでほとんど関係なくなりました。しかし気温と湿度に気を付ける必要があり、気温5度以上、湿度85%以下でないとできません。

そのため真冬の早朝や雨の日はできない可能性が高いので、塗装を依頼するときには、気温と湿度も少し気にかける必要があります。そのため比較的天気も良い春と秋が繁忙期になりますが、親戚が集まる前に綺麗にしておきたいとお盆や年末年始の前なども、依頼が増加する傾向にあります。希望のタイミングがある場合には、早めに相談いただくことをおすすめします。

広島市佐伯区の情報

広島市の西部に位置する佐伯区は、中国山地に連なる山々に囲まれている一方で瀬戸内海沿岸部に位置する南部では都市化が進み、住宅地や産業地域の開発が進んでいます。観光業も盛んで旧湯来町区域には湯来温泉、湯の山温泉など天然温泉があります。

またいくつかある教会も人気の観光スポットです。このような魅力あふれる佐伯区で外壁や屋根塗装についてお悩みでしたら、ぜひリプルクリエイトにご相談ください。

外壁塗装や屋根塗装のタイミングについて詳しく解説してきました。適切なタイミングに屋根塗装ができるよう、ぜひ参考にしてみてください。リプルクリエイトでは、外壁塗装や屋根塗装についていつでも質問を受け付けています。

気になる点や聞きたいことがありましたら、いつでもお気軽にお問合せください。HPやお電話・FAXでも問い合わせはもちろん、リプルクリエイトを友達登録していただくことでLINEからのご相談も受け付けております。

LINEでは、写真を送信してのご相談も可能です。外壁塗装や屋根塗装に関する疑問や質問をお気軽にご相談ください。

関連記事