1. HOME
  2. ブログ

MENU

メニュー

住宅塗装

今はもう外壁の塗り替えサイクル15年の時代です

昔から「家の塗り替えは10年おき」と言われていましたが、いまはもう10年ごとの塗り替えは過去の話になりました。
なぜなら今の時代はスタンダードな塗料でも13~15年の耐久性を持つようにになったからです。

たとえば旧タイプのシリコン塗料だと10年~12年くらいで塗り替えが必要になっていましたが、新タイプのシリコンは13年~15年目で塗り替えるくらいでよくなったのです。

ただし、カラーベスト屋根の家で初めての塗り替えをする場合は築12~14年目を目安にしたほうがいいでしょうね。
なぜ12年目~14年目が塗り替えの目安なのかというと、カラーベストは10年目くらいから塗膜が劣化し始めて12年目あたりから防水効果を失い、次第に雨水が染み込むようになるからです。
そうして染み込んだ雨水が乾いてはまた濡れてと繰り返すうちに反り返り始めるのです。

だから反り返る前に塗るのがベストということになるのです。

ただ、12年目~14年目を過ぎたらもうダメというわけではありません。
実際の劣化状況を見たうえで最適な施工方法を考えればいいですし、カバー工法で30年ノーメンテナンスにするという選択肢もあります。

上の画像のようになるともう塗装では対処できませんが、反り返りが軽度なうちは塗装で保護することによって今後大きくなるであろう反り返りを抑止する効果があります。
だから私は築12年~13年目を目安に屋根を塗るのが屋根材を長持ちさせるコツだと思っています。

ここで一つ注意しないといけないことを言います。

概ね1999年から2008年までの間に建てられた家で、屋根にカラーベストが葺かれている家は注意してください。
どういうことかと申しますと、この期間に建った家の屋根には塗装が困難なものや塗装ができないものがあるからです。
そしてこれらの屋根を見極めることができない業者が塗装すると、最悪の場合屋根が割れて落ちたり塗装が剥がれたりします。

では今度は視点を外壁に変えてみましょう。

外壁のほうはモルタルやサイディング問わず、屋根と比べて傷みが少ない傾向にあります。
その理由は屋根のように雪が積もったり雨に打たれたり強烈な紫外線の直射はないからです。

この点から考えると外壁の塗装を12年目にやると少し早いように感じます。
しかしサイディングの外壁の場合はシーリングという防水材がパネルの継ぎ目に詰められていて、それが10年程度で劣化を始めます。

だから雨漏りする前にシーリングを詰め替えなければいけないのですが、この時に作業するための足場を組み立てる必要があるので一緒に外壁塗装もしたほうが経済的だということになります。
となると、新築から12年目~15年目に屋根と壁の塗り替えをするのが理想的だということになりますね。

外壁がモルタルの家の場合は恐らく触るとイガイガして痛い塗装がされていると思います。

イガイガ塗装の名前をシリンとかスキンというのですがこの塗装は防水効果が無くなるのが早いので同じく12年目~15年目で塗り替えておくのがいいですね。

他にもコテで塗りつけた模様になっている塗装とかいろいろあるのですが、これらもだいたいアクリルやシリコンなので12年目以降に塗り替え時期を迎えます。

ということで私が思っている理想の塗り替えサイクルは以下のようになります。

初めての塗り替え:築12~15年目の時に中品質~高品質の塗装をする(クリヤー塗装は別)

私自身は初回の塗り替えに耐久年数が18年以上の塗装をされるとかなりオトクな塗り替えペースになると考えています。

例えば35歳で家を購入して14年目で初めての塗り替えをしたとします。
この時耐久年数10年~12年の塗装をした場合は50代後半から60歳のころに再塗装しなければいけない計算になるのですが、初回で15年~18年の耐久性がある塗装をしていたら次のメンテナンスの時期は60代後半になるので精神的にも経済的にもそこそこゆとりがある時期なのではないかと思います。

さらに、初回の塗装で耐久年数25年~30年耐久性の塗装をした場合は、次の塗り替えをする頃には70代後半になるためもしかすると補修程度で済むかもしれませんし、次の世代にメンテナンスを譲るのもアリかもしれません。

さて、こんな感じで現代のペイント状況を考察するとおそらくこれからはハイグレードな塗装がスタンダードになってくると思います。
ハイグレードな塗料ってどんな塗料だと思いますか?

それは耐久年数が15年~30年の高機能塗料や遮熱機能を備えた無機シリコンやフッ素塗料のことです。
そしてこれらはスタンダードシリコンの倍以上の耐久性があるのですから使わない手はないですよね。

ちなみに弊社で一番人気の塗料は耐久年数最大18年のハイブリッドシリコンと耐久年数最大25年のハイブリッドフッ素です。

今後は耐久年数30年の塗料を取り扱うことになりましたので、さらにロングランでオトクな塗り替えプランをご提案できることになると思います。

ただ、耐久年数ばかりを打ち出した場合は、「耐久年数30年あるといっても付帯部がそんなにもたないじゃない?」と言われることもあるかと思います。

しかしリプルクリエイトでは付帯部に至るまでの超耐久対策を開発しているので問題ありません。
詳細はご商談の際にさせていただきますね。

ということで内容を振り返ります。

➀10年ごとのに塗り替えをする時代はもう終わった。
➁むしろ今はもう15年ごとの塗り替えがスタンダードの時代。
➂塗り替えサイクルを長くすることで大きなメリットが出てくるということ。
➃リプルクリエイトでは付帯部に至るまで耐久年数30年の塗り替えを安価でできるシステムを構築している。

という感じですね。

最後にひとこと。

あなたはそれでもまだ10年ごとの塗り替えを考えますか?

それではまた♪

普通に塗ると後から剥がれてくる外壁があるってホント?

あなたは住宅塗装において普通に塗ることができる外壁とそうでない外壁があることをご存じですか?
知らないですよね。

逆に知っていたら凄いくらいです。

なので今回は「普通に塗ると剥がれる可能性が高い外壁に」ついてお話しいたします。

ただし今回はサイディングパネルの外壁が貼られている住宅のお話しになりますので、モルタル壁の家についてのお話ではないということをご理解の上で読み進めていただけたらと思います。

さて、
ではどんな外壁が普通に塗ることができないのか?

それは光触媒加工などの特殊な加工がされている外壁のことです。

特に2010年以降の家やハイスペック設計な住宅、ハウスメーカーが建築した家にお住いの方は塗り替える前にそもそも普通に塗装できるものなのかどうなのかを調べる必要があります。

まずはこちらの画像をご覧ください。
どちらかが特殊加工(光触媒加工された外壁材の場合)なんですけど違いが分かりますか?
 
微妙に色の差があるくらいでどちらも同じに見えますよね。
実物はまったく同じ姿かたちのサイディングです。

しかし、見た目が同じサイディングパネルでも双方には大きな違いがあるのです。

ではその違いをご覧ください。

 
片方が光セラ加工がなされていて、片方が親水加工がされています。

もしも光セラ加工されているサイディングを安易に塗ると後から剥がれてくることがあるので気を付けなければいけません。

ここまでの内容をご理解いただけたでしょうか。
じつは弊社でも一度、依頼されて塗装が剥がれた家の壁を塗り直した経験があるのですが、この時は手間と時間が2倍以上かかってお客さまの心情も私たちの身体もクタクタになったのを覚えています。

だからこそ私は、いまどきのサイディング住宅を塗り替える際には経験と知識が豊富な業者に見ていただく必要があると考えているのです。

ですのでここで一つ、安易に塗ると危険な外壁について2つの予備知識をあなたに身に着けていただきます。

まず一つ目。
お引渡しの際にいただいた書類の中から図面などがファイルされたものを見つけ出して、その中に書かれている外壁の仕様書を見つけて確認することです。

その項目の中に外壁に使用している建材のメーカーや型番が記載されていたらそれを業者に伝えましょう。

そして次に、外壁を触ってこすってみてください。(チョーキング検査)

あなたの家が築13~15年を経過してシーリングが傷んでいるにもかかわらず、壁をこすっても指に全く色が付着しなかったら要注意です。

たった二つの項目ではありますがこれを確認するのとしないのとでは大きな差が生じてきますので試してみてくださいね。

最後に、あなたがこれから大切な家の塗り替え見積もりをしようと考えているのであれば以下のことを業者に尋ねてみてください。

「我が家の外壁は普通に塗れる壁ですか?」
このときに営業マンなどにキョトンとされたり、「どういうことですか?」と逆に質問されるようであればいったんその業者は保留にして他社にも見てもらったほうが良いでしょう。

知らずに塗られて後から塗装が剥がれるとオオゴトになりますからね。

ちなみにこちらの外壁は弊社にて自信の10年保証で塗りかえた無機サイディングです。

※無機サイディングを普通に塗ると剥がれてきます。

というわけで今回は、今ドキのサイディングは普通に塗ると後から剥がれてくることがあるので気をつけましょうねというお話でした。

広島にはもう悪徳業者はもういないのか?


以前からよく耳にする悪徳業者ですが、今も暗躍しているのでしょうか。
ほとんどの方は知らないですよね。
私たちが住んでいる広島という街にも外壁塗装業者やリフォーム屋がたくさんあるのですが、はたしてその中に悪徳業者がいるのか。
住宅塗装についてネットで検索すると必ずこのような広告が表示されると思います。

「広島で良い塗装業者を見つけるならココ」
「億徳業者に注意」

こんな風にネガティブなことばかり書かれている広告を見るとだんだん不安になってきますよね。
果たしてどのくらい広島に悪徳業者が居るのか?
私が数十年に及ぶ経験の中で感じてきたことを元にして、いろいろ話しているのでご覧になってみてください。

冬らしくない天気だけど塗装工事には良いのです

「来年は暖冬らしいよ」と、去年の秋に耳にしていたのですがどうやら本当のようですね。
県北では雪が降っているけど積もるには至らない様子です。

こんな感じなので当然広島市内も雪が降りません。
反対に動いていると汗をかくほど暖かいです。
というか私は実際昨日、汗だくになりました。

本来であれば雪が降る時には降って欲しいものですよね。

ただ!
外で作業をしている塗装職人からすると暖かい冬はありがたいものです。(雪を待ち望んでる方ごめんなさい)

まず寒くない、そして雪に翻弄されない。

元々温暖な広島や廿日市市の海寄りの地域では冬に外壁塗装工事をしてもあまり支障は無いのですが、雪は少し参ります。
なぜ参るのかというと雪は雨のように晴れたら渇かないからです。
つまり雪かきでもしない限り溶け始めた雪がピチャピチャと垂れてくるからです。

そして雪かきの後は乾燥時間を設けることになるのです。
だから激寒気に屋根塗装が出来る時間は5時間ほどしかありません。
無い時は4時間くらいになります。

これがどういうことかというと、乾燥が悪い場合は1日1回しか塗れなくなるということなんですよね。
そうすると必然的に4日で終わる屋根塗装が5日~6日に伸びてしまうということです。

ただし外壁は雪が積もらないのでほとんど影響ありません。

いまは暖冬のおかげさまで全ての工事が順調に進んでいるので嬉しく思っています。

お正月明けからスムーズに2棟の工事が始まっておりまして、来週からまた2棟の工事が始まります。

塗装業者としてはありがたいことなんですよね。

そんなこんなで外壁塗装やリフォーム工事が続々とスタートしているリプルクリエイト!

お見積もりやご相談は随時受け付けておりますので遠慮なさらずお気軽にお問い合わせくださいね♪

塗られた塗料がシリコンかフッ素か見分ける方法

お客様からこの様なご質問を頂きました。

「シリコン塗料とフッ素塗料の違いが分かる見本はありませんか?」

単刀直入にまず、シリコン塗装とフッ素塗装を目視で見分ける方法はありません。

どちらも塗ったばかりの時はほとんど差がないのです。
屋根や壁などの塗る対象物によっては艶の違いなどで若干の差が出てくるのですが、その違いは素人にはわからないのです。

おそらく塗料メーカーの人が見ても違いは分からないでしょう。

塗った時の違いが分からないのは理解できた。
ではその違いが分かるのはいつ?

それが明確に分かるのは10年を経過したころからでしょう。

15年後ならかなり差が出てくると思います。

さて、シリコンとフッ素塗装の比較を目で見て確認して頂けるサンプルが弊社に置いてあることをご存知でしょうか。

来られてないのに知りませんよね。 ごめんなさい。

実は有名メーカーのシリコン・フッ素・無機塗料の3種類を塗って、車が頻繁に通る倉庫の道路際に4年間野ざらしにしたサンプル板があるのです。

「奥さんこの塗料は長持ちしますよ!」「ご主人、この塗料は低汚染ですよ!」

みな自社推薦の塗料を勧めてくると思うのですが実際はわかりませんよね?

論より証拠。

弊社にはその証拠があるのです。

ですのでご商談などでお越しいただいた際に事実をご覧になってください。

はい。

まとまりがない感じになりましたが今日はこれにて!

  • 1
  • 2