1. HOME
  2. ブログ
  3. 親方のつぶやき
  4. 塗るべきか塗らざるべきか

MENU

メニュー

親方のつぶやき

塗るべきか塗らざるべきか

在来のお家の軒天井に良く使用されている板。
一見すると一枚の板に見えるけど、じつはこれってプリント合板なんです。
プリント合板というモノが何のことか分からない方に噛み砕いてご説明すると、木目シールを貼りつけたベニヤ板だと思ってください。

プリント合板は10年から15年のうちであれば塗装による素材保護を行うことが可能なのですが、長い時間が経過したものは貼り替えるしか選択肢が無くなっていくのです。

こちらの天井も一見すると特に傷んで痛いように見えますよね。
軒天井 塗装

実は塗るにはリスクが大きい状態まで劣化しているので貼り替えることになりました。

外壁塗装には適齢期やタイミングというものがあって、塗り替えの時期を逃したばかりに大きな出費になってしまうことがあるのです。

特に初めての外壁塗装を考えられている方は一度本物のプロにご相談されることをお勧めいたします。

“語りのプロ”ではなく“職のプロ”へ。

関連記事