1. HOME
  2. ブログ
  3. 親方のつぶやき
  4. 最高の見積もり

MENU

メニュー

親方のつぶやき

最高の見積もり

塗料のカタログを見ているとほとんどが下塗りを含めて3回と明記されております。
しかし、これはあくまでも標準的な下地を元にしたシステムです。
塗装前の段階で別途下地補強が必要になる場合や、下塗りを3回塗らなければならないほど傷んでしまった壁もございます。

私は今日まで31年間ほど外壁と向き合ってきましたが、診てきた劣化の程度はさまざまでした。
3回塗りは当たり前中の当たり前です。

さて、私がお見積りを作成するときはどのような心境で作成していると思われますか?

電卓を片手にカチャカチャやっていそうですか?

私はまず、電卓なんてものは一切手元に置きません。

現地調査で診たことと撮影した写真といろいろな情報を頭の中でこねくり回すことから始めます。

金額入力なんて二の次です。

まず、お客様の家を自分の家に置き換えて考えるのですが、そうすると色々見えてくるものがあるのです。

めちゃめちゃ悩みますよ。
塗装のプロだけど自分の家に置き換えるとどうしても悩んでしまうのです。

「このプランにしようか。 いやまてよ、下地が傷んでいるからこうしようか。 そういえばコレをやった家は長持ちしたな。」
私の引き出しから31年で得てきた失敗例と成功例を持ち出して広げるのです。

だから、お見積書の提出までの時間がどうしてもかかってしまうのです。

作成できるお見積りは一日に一作品のみです。

全力で作るので二作品は出来ません。

「作品ってなによ?」と思われますか?

作品は作品なのでこれでいいのです。はい。

そんなわけで現場が立て込み、お見積りの数が増えてくると一週間でお届けするところが十日かかってしまうようなことが出てくるのでございます。
これについては本当に申し訳なく思っております。

ところで、

私が作成するお見積りの価値はおいくらだと思われますか?

1千円? 5千円?

いつも無料で作成しておりますが、5万円の価値があって一生ものの書類だと私は思っております。

だって31年の経験を持つ私が作るんですから(キリッ!)

というわけで、本日もお見積りのご依頼を2件ほど頂きました。

私の全力をお届けいたしますから焦らず待っててくださいね!

関連記事